FANDOM


新マンダロリアン(New Mandalorians)は銀河共和国時代の後期にマンダロア星系を統治した政府である。惑星マンダロアにおける戦争が終結した後、サティーン・クライズ女公爵率いる新マンダロリアン政権は、民族の伝統であるマンダロリアンの戦士文化を放棄し、平和主義に根付いた政策で市民を統治した。クライズの政府は戦争で荒廃したマンダロアの再建に取り組み、バイオ=キューブバイオ=ドームを用いて首都サンダーリをはじめとする居住可能な空間を確保した。戦士の生き残りは衛星コンコーディアへ追放され、やがて絶滅したと信じられるようになった。新マンダロリアンの政府は女公爵に仕える首相統治評議会によってまとめられ、コンコーディアには総督が配置された。

クローン戦争中、新マンダロリアン政権は中立星系評議会に参加し、銀河共和国独立星系連合のどちらにも与さないと宣言した。しかし、全滅したと考えられていたマンダロリアンの戦士グループがコンコーディアの月で再台頭し、プレ・ヴィズラ総督率いる“デス・ウォッチ”となってクライズの政権を脅かす。クライズは友人のジェダイ・マスターオビ=ワン・ケノービと力を合わせて危機を乗り越え、共和国軍によるマンダロア進駐を阻止したが、中立政策は惑星貿易の停滞を招いた。そのためアルメク首相は闇市場の取り引きに手を出したが、クライズと王立アカデミーの生徒によって陰謀を暴かれた。新マンダロリアンは戦争中に多くの脅威を退けたが、最終的にシス卿ダース・モールと手を組んだデス・ウォッチのクーデターによって崩壊する。クライズがモールによって殺された後、マンダロアは再び内戦に突入し、クローン戦争終結後は銀河帝国の領土となった。

登場エピソード

参考資料

脚注

マンダロリアン
派閥 マンダロリアン・ネオ=クルセイダー - 新マンダロリアン - デス・ウォッチ - ジャーニーマン・プロテクター - ナイト・アウル - マンダロリアン・スーパー・コマンドー - インペリアル・スーパー・コマンドー
氏族 クライズ家クライズ氏族) - ヴィズラ家サクソン氏族 - ヴィズラ氏族 - レン氏族) - エルダー氏族 - ルック氏族
地名 マンダロアサンダーリ - 王立アカデミー) - カレヴァラ - クローネスト - コンコーディア - コンコード・ドーン
兵器 マンダロリアン・アーマー - マンダロリアン・ヴァンブレイス - ウェスター35ブラスター・ピストル - グラップリング・ライン - パラライジング・ダート - 小型携帯式シールド - ジェットパック - ダークセーバー
ビークル アカジョア級シャトル - コムルク級ファイター/トランスポート - バルター級スウープ - ファング・ファイター
[テンプレート]