FANDOM


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 

攻撃型偵察機170スターファイター[1](Aggressive ReConnaissance-170 starfighter)は、ARC-170スターファイター(ARC-170 starfighter)、攻撃型偵察戦闘機(Advanced Recon fighter)としても知られた、おもに銀河共和国宇宙軍クローン戦争の後半期に使用したヘヴィ・スターファイターかつボマー

この戦闘機は共和国再建のための同盟が使用したT-65 Xウイング・スターファイターの原型である。

特徴

設計

ARC170 ICS

ARC-170の断面

ARC-170スターファイターはインコム社サブプロ社が共同で開発した。より軽量型のZ-95ヘッドハンターや、より重量型のPTB-625NTB-630といった、両社の当時のほかのスターファイターの設計に似て、ARC-170も大きなエンジンが左右に並んだ狭い幅のフレームをしていた。そしてARC-170はまた、Sフォイル・システムを備えていた。これは熱の放射を助け、ファイターの防衛を補佐していた。また、Sフォイルは大気圏内を飛行するときに、より安定した飛行を戦闘機にもたらした。

ARC-170はクローン戦争期のほかのスターファイターのデザインから逸脱していた。アルファ3ニンバス級Vウイング・スターファイターイータ2アクティス級軽インターセプターといったファイターは、重火器やシールドハイパードライブを犠牲にするかわり、小型で素早く、移動性に重点を置いて設計されていた。その一方で、ARC-170は大型で、重厚であり、長期間にわたり独立して活動することが可能だった。


軍事的役割

Arc170 pair

コルサント上空における2機のARC-170

ARC-170は危険な偵察任務や、敵陣深くの領域への強襲任務などに、しばしば派遣された。ARC-170スターファイターがこうした任務を達成できるように、機体にはクラス1.5のハイパードライブが装備され、機首には強力なセンサー、スキャナー、ジャマー(妨害装置)が備えられていた。

ARC-170は5日分の作戦のために必要な消耗品を持ち運んでいた。しかし、こうした必需品やさらなる機材の運搬によって、ARC-170は、進む速度が遅くなるという対価を払わなくてはならなくなった。ARC-170が小型の敵機や、より敵ファイターによって囲まれてしまったとき、2門の後部の砲台に加え、耐久力のあるアーマーとシールドがARC-170をこの状況から救う手助けとなった。ただし、これらは敵の反戦闘機砲が弱点となった。

兵器

ARC-170は強力な兵器を搭載していた。6発のプロトン魚雷に加え、このファイターの翼の端には中型レーザー砲が付いており、これはスターファイターに搭載するにしては異常なほど巨大だった。ARC-170はしばしば攻撃部隊における強力な機体として、Vウイングやイータ2に護衛されながら戦った。

ARC-170はパイロット、翼のレーザー砲を操作する前部座席の砲手、そして後部搭載のキャノンを操作するガンナーの、3人のクローンによって操縦されていた。また、このスターファイターは機体修理とナビゲーションのためにアストロメク・ドロイドも搭載していた。もし副操縦士がいない場合、パイロットが翼のレーザー砲を操作することも可能だった。

カスタム

クローン戦争のあいだ、レーザー中隊のように、エリートのパイロットのあいだではARC-170に精巧なカスタマイズを施すことは一般的になっていた。

歴史

Editicon このセクションは不完全です。記事の編集が求められます。

登場作品

参考資料

脚注

  1. 名称は『悪の迷宮』の用語一覧、「ARC-170」の項目を参考にする。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki