FANDOM


Tab-canon-white-ja  Tab-legends-black-ja 
「Sフォイル戦闘配置」
オッド・ボール[出典]

攻撃型偵察機170スターファイター(Aggressive ReConnaissance-170 starfighter)、通称ARC-170スターファイター(ARC-170 starfighter)はインコム社サブプロ社が製造した重武装の攻撃型偵察スターファイターである。クローン戦争銀河共和国が使用し、クローン・トルーパーパイロット3名とアストロメク・ドロイドが乗り込んだ。銀河内戦で使用されたT-65B Xウイング・スターファイターの設計に影響を与えた。

特徴

Bridge world

ARC-170のコックピットからの眺め

インコム社製ARC-170スターファイターは偵察やドッグファイト、爆撃といったさまざまな任務をこなすことが可能なマルチロール機としての機能を備える攻撃型宇宙戦闘機である。両翼の端に設置された大型レーザー砲主力艦装甲を貫通するほどの威力を誇り、プロトン魚雷も搭載していた。[1] 機体の全長12.71メートル、翼長19.85メートル、高さは3.81メートルで、クローン・トルーパー操縦士1名と、翼部レーザー砲を操作する副操縦士1名、後部のツイン・ブラスター砲による攻撃を受け持つ砲手1名の計3名が乗り込んだ。また、機体修理用のアストロメク・ドロイドも1体乗り込んでいた。[2]Sフォイルと呼ばれる可変翼を搭載し、戦闘中には翼の上下表面のパネルを展開させ、そこから余剰熱を排出した。[1][3]

歴史

ARC-170スターファイターはインコム社によって製造され、銀河共和国の戦闘機としてクローン戦争に参加した。[1]コルサントの戦いでは、クローン・コマンダーCC-2237(オッド・ボール)指揮下のARC-170部隊がアナキン・スカイウォーカーオビ=ワン・ケノービ将軍の乗るイータ2アクティス級軽インターセプターを支援した。コルサント上空の宇宙戦闘で、分離主義勢力旗艦であるプロヴィデンス級キャリアー/デストロイヤーインヴィジブル・ハンド>に向かっている途中、ヴァルチャー・ドロイドドロイド・トライ=ファイターの砲撃によってARC-170が数機撃墜された。[3]

クローン戦争期のクローンZ-95スターファイターやARC-170から得られた教訓をもとに、インコム社は新型のT-65B Xウイング・スターファイターを製造した。[5]

家族とともに惑星ラムー農場に住んでいた頃、幼いジン・アーソはARC-170スターファイターのおもちゃを所有していた。[6]

登場作品

参考資料

脚注

共和国軍
グランド・アーミー 第7空挺兵団 - 第41精鋭兵団 - 第91機動偵察兵団 - 第327星間兵団 - 第104大隊 - 第212突撃大隊 - 第501軍団 - ゴースト中隊 - グリーン中隊 - トレント中隊 - タンゴ中隊 - ウルフパック - クローン・フォース99 - デルタ分隊
宇宙軍 オープン・サークル艦隊 - コルサント本国防衛艦隊 - ブルー中隊 - ゴールド中隊 - シャドウ中隊 - クローン・フライト7
スターシップ ヴェネター級スター・デストロイヤー - アクラメイター級アサルト・シップ - リパブリック・フリゲート - ペルタ級フリゲート - アークワイテンズ級軽クルーザー - CR90コルベット - イータ級シャトル - T-6シャトル - ニュー級アタック・シャトル - シータ級T-2cシャトル - Vウイング - ARC-170 - クローンZ-95 - V-19トレント - Yウイング - デルタ7 - デルタ7B - イータ2
ビークル AT-TE - AT-OT - AT-RT - AT-AP - AV-7対ビークル砲 - BARCスピーダー - HAVw A6ジャガーノート - RX-200 - LAAT/i - LAAT/c - 自走重砲
クローン・トルーパー マーシャル・コマンダー - コマンダー - キャプテン - ルテナント - サージェント - ARC - ARF - BARC - コマンドー - ショック・トルーパー - スキューバ・トルーパー - ナビゲーション・オフィサー - パイロット - フレイムトルーパー - メディック - ライオット・トルーパー - 特殊作戦部隊
[テンプレート]

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。