FANDOM


戦争評議諮問委員会[1]War Council Advisory Panel)は、軍隊と銀河元老院の両方から戦争の調整を助けるため、クローン大戦中に最高議長パルパティーンが設立した諮問機関である。

諮問委員会は最高議長に直接回答を行う組織であり、パルパティーンが戦争に必要な道具だと考えた、ほかの多くの新しい保安手段(たとえば母星保安司令部など)とともに設立された。戦争評議諮問委員会は多くのクローン・スペシャリストの配備を行っており、その中には惑星コルサントの通りのパトロールを行ったエリート・ショック・トルーパーが含まれていた。多くの元老院議員は、個人の信念を保留させられたまま、議長の権力を増大させる法律に賛成することをしばしば強要させられ、諮問委員会に失望していた。

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki