FANDOM


「諸君は候補生としてこのアカデミーに入った。だが数週間後には兵士としてここを去ることになる。訓練をすべて終えたあかつきには、諸君は皇帝陛下のトルーパーだ」
カンバーレイン・アレスコ司令官[出典]

帝国軍士官候補生(Imperial cadet)は帝国アカデミーストームトルーパーや軍人になるための訓練を受ける生徒。銀河帝国は候補生の訓練施設を銀河系各地の惑星に設置していた。

歴史

皇帝シーヴ・パルパティーン銀河共和国を解体し、新たに銀河帝国設立した後、共和国の士官学校や訓練施設は新設された帝国アカデミー・システムの管轄下に入った。帝国軍士官候補生はアカデミーで訓練を積み、時事問題研究の授業では帝国寄りの歴史を学んだ。1年制のジュニア・アカデミーも存在し、アウター・リム・テリトリー惑星ロザルに設置された帝国青少年アカデミーではザ・ウェルと呼ばれるシミュレーション設備を使ったテストが行われた。ジュニア・アカデミー卒業後、候補生は以前に生活に戻るか、専門アカデミーに入学するため上位の学習機関に進学するかを選ぶことができた。

装備

帝国軍士官候補生は開閉式のフェイス・プレートが付属したヘルメットを装着し、白と灰色の制服を着用した。彼らの制服は統一性、団結、規律、名誉を象徴していた。訓練中、候補生は低出力のE-11ブラスター・ライフルを使用することがあった。

登場エピソード

参考資料

帝国軍
司令部 ダース・シディアス - ダース・ヴェイダー - 帝国軍最高司令部 - 統合本部
帝国地上軍 帝国地上軍長官 - ストームトルーパー兵団 - 第501軍団 - ブリザード・フォース - 帝国軍地上クルー - 帝国軍コンバット・ドライバーAT-ATパイロット - AT-STドライバー - タンク・ドライバー
帝国宇宙軍 帝国宇宙軍長官 - 艦隊司令部 - 帝国軍スターファイター部隊 - TIEファイター・パイロット - 第7艦隊 - デス小艦隊 - 帝国宇宙軍トルーパーデス・スター・トルーパー) - 帝国軍兵器技術者
その他の組織 帝国情報部 - 帝国軍特殊部隊 - 帝国アカデミー - 帝国軍士官候補生 - インフェルノ分隊
主なビークル AT-AT - AT-ACT - AT-DP - AT-ST - AT-MP - 614-AvA - 74-Z - TIE/D - TIE/ln - TIE/sa - TIE/sk - TIE/IN - TX-225 GAVw - アークワイテンズ級司令クルーザー - インペリアル級スター・デストロイヤー - エグゼクター級スター・ドレッドノート - クエーサー・ファイア級クルーザー=キャリアー - ゴザンティ級クルーザー - センチネル級着陸船 - ラムダ級T-4aシャトル - レイダー級コルベット - デス・スター - 第2デス・スター
ストームトルーパー インペリアル・ショック・トルーパー - サンドトルーパー - シャドウ・トルーパー - ジャンプトルーパー - ショアトルーパー - スカウト・トルーパー - スノートルーパー - デス・トルーパー - マグマ・トルーパー - レンジ・トルーパー
[テンプレート]
他言語版