FANDOM


帝国軍兵器技術者(Imperial weapons technician)、別名帝国軍砲手(Imperial gunner)、デス・スター・ガンナー(Death Star gunner)は銀河帝国主力艦や軍事施設、デス・スターバトル・ステーションなどに乗り込んで火器の操作を担当する兵士である。

概要

帝国軍兵器技術者、あるいは帝国軍砲手、デス・スター・ガンナーは、帝国軍の施設や宇宙軍の艦船に乗り込み、ターボレーザーイオン砲といった火器を操作した。また、銀河帝国の誇る巨大バトル・ステーション初代および第2デス・スターにもエリートの砲手が搭乗し、膨大なエネルギー推移をモニタリングしながら惑星破壊スーパーレーザーの制御を担当した。砲手の多くは帝国宇宙軍パイロット・プログラムの中から新兵徴募されたが、まだ訓練段階の者や、全盛期を過ぎた者も混じっていた。ターボレーザーは帝国軍砲手がチームになって操作にあたり、標的に照準を合わせながら、重要な再充電のタイミングや熱量レベルにも注意を払った。また、実験段階のインペリアル・インターディクターでは帝国軍砲手が重力井戸発生装置の操作も担当していた。

装備

帝国軍兵器技術者はエネルギーを遮断する素材でできた黒いジャンプスーツを着用し、黒いデュラスチール製のグローブと、正重力与圧ブーツを履いていた。また、彼らは細い切れ目のようなバイザーがついた黒い特殊なヘルメットを着用した。このヘルメットはターボレーザーやスーパーレーザーの閃光から目を保護するために設計されていたが、そのせいで視界が狭まっていると感じる者も多かった。このヘルメットには敵のスターファイターを追尾するためのセンサーや、座標を合わせて精確に照準・射撃するためのコムリンクが備わっていた。一部の砲手はジャンプスーツの上に縫い合わせのジャケットを羽織った。ブロム・タイタス提督率いるインペリアル・インターディクター等の実験プロジェクトに参加する砲手は、金色の帝国の紋章が入った薄灰色のジャンプスーツを着用した。また、帝国軍兵器技術者はブラスター・ピストルを携帯した。

登場エピソード

参考資料

帝国軍
司令部 ダース・シディアス - ダース・ヴェイダー - 帝国軍最高司令部 - 統合本部
帝国地上軍 帝国地上軍長官 - ストームトルーパー兵団 - 第501軍団 - ブリザード・フォース - 帝国軍地上クルー - 帝国軍コンバット・ドライバーAT-ATパイロット - AT-STドライバー - タンク・ドライバー
帝国宇宙軍 帝国宇宙軍長官 - 艦隊司令部 - 帝国軍スターファイター部隊 - TIEファイター・パイロット - 第7艦隊 - デス小艦隊 - 帝国宇宙軍トルーパーデス・スター・トルーパー) - 帝国軍兵器技術者
その他の組織 帝国情報部 - 帝国軍特殊部隊 - 帝国アカデミー - 帝国軍士官候補生 - インフェルノ分隊
主なビークル AT-AT - AT-ACT - AT-DP - AT-ST - AT-MP - 614-AvA - 74-Z - TIE/D - TIE/ln - TIE/sa - TIE/sk - TIE/IN - TX-225 GAVw - アークワイテンズ級司令クルーザー - インペリアル級スター・デストロイヤー - エグゼクター級スター・ドレッドノート - クエーサー・ファイア級クルーザー=キャリアー - ゴザンティ級クルーザー - センチネル級着陸船 - ラムダ級T-4aシャトル - レイダー級コルベット - デス・スター - 第2デス・スター
ストームトルーパー インペリアル・ショック・トルーパー - サンドトルーパー - シャドウ・トルーパー - ジャンプトルーパー - ショアトルーパー - スカウト・トルーパー - スノートルーパー - デス・トルーパー - マグマ・トルーパー - レンジ・トルーパー
[テンプレート]