FANDOM


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 
この記事は銀河帝国の宇宙部隊を扱っています。 あなたが探しているのは帝国海軍かもしれません。

帝国宇宙軍[1](Imperial Navy/Imperial Space Navy)は、帝国艦隊(Imperial Fleet)、帝国宇宙艦隊(Imperial Starfleet)、帝国戦闘艦隊(Imperial Battlefleet)、インペリアル・スペース・サービス(Imperial Space Service)としても知られた、銀河帝国帝国軍において宇宙での戦闘を担った部門である。全盛期には、何百万という軍艦、補給用の艦船戦闘機を保有し、銀河系全域に及ぶ帝国の支配を維持していた。

帝国宇宙軍は、帝国の初期にパルパティーンが行った帝国化運動の一環として、19 BBY銀河共和国共和国宇宙軍を前身組織として誕生した。クローン戦争期に創設された艦隊は大規模な拡張を遂げ、司令体系の再編成の結果、12名の将校から成る大提督という階級が生まれた。

何百万もの軍艦、戦闘機、輸送船、そして何兆人という艦隊乗組員によって構成された帝国宇宙軍は、銀河系史上もっとも強力な軍隊のひとつだった。帝国宇宙軍の大黒柱である主力艦スター・デストロイヤースーパー・スター・デストロイヤーTIEシリーズのスターファイターは、一般市民に対する帝国による支配の、もっとも分かりやすいシンボルとなった。

帝国に対する人々の不満は、共和国再建のための同盟の誕生につながり、彼らは帝国に対して銀河内戦として知られるようになる軍事運動を開始した。

4 ABYエンドアの戦いの後、帝国は軍将たちによる軍閥主義と内紛の時代に突入し、帝国宇宙軍も分裂した。ギラッド・ペレオン最高司令官のもとでインペリアル・レムナントが編成されるまで、帝国宇宙軍がひとつのまとまった軍隊に戻ることはなかった。インペリアル・レムナントで再び正当な戦闘部隊になった帝国宇宙軍は、ペレオン指揮のもとユージャン・ヴォング戦争に参加した。

フェル帝国の時代、帝国宇宙軍は以前の戦力を取り戻しており、シス=帝国戦争銀河連合自由同盟と戦った。その後の第二次帝国内戦で、宇宙軍は皇帝ローン・フェルに忠実な一派と、ダース・クレイトの銀河帝国支持派に分裂した。

登場作品

参考資料

脚注

  1. 表記は『デス・スター』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki