FANDOM


帝国宇宙軍ディープドック・ファシリティII(Imperial Navy Deepdock Facility Two)は惑星カリダの軌道に浮かんでいた銀河帝国宇宙軍の軍事施設。クローン戦争の5年後、反乱分子に奪取された<キャリオン・スパイク>を迎え撃つためディープドック・ファシリティIIの静止軌道にセキューター級スター・デストロイヤーコンクエスト>が配備された。しかし、この艦を指揮するドッド・ランシット中将こそ、<スパイク>を巡る一連の事件の首謀者だった。

登場エピソード