FANDOM


正史版の内容はこちらをクリック。  レジェンズ版の内容を紹介しています。 
Galacticsenate.jpg

帝国元老院

帝国元老院[1](Imperial Senate)は銀河帝国の議会。帝国議会(Imperial Congress )とも。銀河元老院の後継的存在だった。

歴史

帝国元老院は19 BBYパルパティーン銀河皇帝となり、銀河帝国誕生に伴って設立された。銀河共和国元老院議員はそのまま帝国元老院議員となり、帝国制のもとに置かれた。多くの帝国元老院議員はパルパティーンへの忠誠心を持っていたが、中にはそうでないものも存在した。彼らの多くはのちに共和国再建のための同盟に加わっている。

0 BBY、パルパティーンは帝国元老院を解散させる。彼はモン・モスマらの反乱宣言に断固とした対応をとるため、共和国の最後の名残とも言えたこの議会を終わらせたのだ。元老院の代わりに、帝国は銀河系の各地域にモフグランドモフを置いて統治した。解散後、モフ評議会のようなモフ独自の会議が開かれるようになる。

登場作品

脚注

  1. 表記は『スター・ウォーズ 全史』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki