FANDOM


インナー・サークルはこのページに転送されています。あなたが探しているものはアサシンズ・ギルドエリート・サークル(別名、インナー・サークル)かもしれません。

帝国ルーリング・カウンシル(Imperial Ruling Council)は、銀河帝国顧問たちが形成した組織。銀河系ニュー・オーダーにおける統治組織の中で、もっとも強い権力を持っていた。パルパティーン銀河皇帝だった時代、カウンシル(評議会)は帝国の日々の情勢を管理し、皇帝の意思を遂行していた。皇帝の後、カウンシルは事実上の帝国の中央政府になった。

エンドアの戦い以前、カウンシルは帝国インナー・サークル(Imperial Inner Circle)、あるいは皇帝の内閣[1]皇帝の側近[2](Emperor's Inner Circle)などと呼ばれていた。エンドア以降、カウンシルの生き残りやその後継者たちは、皇帝の統治機構[3]皇帝のルーリング・サークル[4](Emperor's Ruling Circle)、あるいは秘密結社(Cabal)、裁決機関(Tribunal)、そして帝国暫定評議会[4](Imperial Interim Ruling Council)などといった形で組織された。

カウンシルのメンバーには“”の称号が使われた。表向きに、カウンシルは話し合いのために帝国の宮廷に集まった顧問団によって成り立っていたようである。数百という大勢のメンバーがいた。大宰相セイト・ペスタージュは、重要な政策戦略家を務めるこの組織の上級メンバーだった。

エンドアの戦い以前

Editicon このセクションは不完全です。記事の編集が求められます。

帝国暫定評議会

「デヴァロニアン、ウィフィッド、ギヴィン、デフェルを含む強大なエイリアンのリーダーたちが、この評議会のメンバーになった。反エイリアンの歴史がある帝国にとっては画期的な動きだろう」
ヴォレン・ナル[出典]
IIRC

オード・カントレルの暫定評議会

ビィスが破壊され、ダーク・エンパイアが崩壊した後、帝国の評議会はリゾート惑星オード・カントレルの首都、デ=パーティーン評議会タワーで招集されるようになった。サーセヴ・クエストはこの評議会に対してきわめて慎重だったようである。人々の大半は、カノア・ジャックスが陰謀の指導者かつ新しい暗黒卿、そして帝国の玉座の後継者だとみなしていた。しかしジャックスはダース・ヴェイダーのようにスター・デストロイヤーで指揮を執ることを好んだため、サーセヴ・クエストが評議会の管理に注意を払っていたのだった。帝国の顧問がもはやほとんど残っていなかったため、ジャックスは評議会を形成した際に新しい血を取り入れることにした。艦隊司令官であるジェラタイ提督や、女性のマード・ウィンドコーラー、そしてウィフィッドチアンクのような、ニュー・オーダーに忠誠を誓うエイリアンの指導者たちである。この変化を反映し、組織は「帝国暫定評議会」と呼ばれるようになった。しかしそのメンバーの大半は帝国顧問ではなかったため、ルーリング・カウンシルのメンバーとしての正当な権利は有していなかったと思われる。

Imp Interim Ruling Council

暫定評議会の面々

カノア・ジャックスがキア・ケイノスの手にかかって命を落とし、彼の軍事的副司令官だったレッド・ウェッセル将軍も殺された後、陰謀にかかわった人々はサーセヴ・クエストに刃向い、彼を権力の座から追い払った。クエストは彼らに拷問され、ナー・シャッダへと追放されたと言われたが、その証拠はほとんど何も残されていなかった。ジャックスが死に、クエストを排除した評議会は、バー・ノライズを新しいリーダーに選出した。また、ジェラタイやウィンドコーラーのようなメンバーが、危機の時代の中で苦心して帝国を導こうとする一方で、評議会の一部はブラック・サンノム・アノアユージャン・ヴォングのエージェント)によって操作されていた。

ルーリング・カウンシルのメンバーだったフィーナ・ダスタは、ブラック・サンのエージェントによって誘拐され、暫定評議会にはクローンの偽物が出席した。この偽物を使い、ブラック・サンは彼ら自身の権力を強め、帝国と新共和国の間に和平協定を結ばせようと画策した。その一方で、ノム・アノアはユージャン・ヴォングによる侵略戦争をより容易なものにするため、帝国の没落を早めようとしていた。ノライズや評議会の重要メンバーを数名暗殺し、それをロイヤル・ガーズマンのキア・ケイノスの仕業に見せかけた後、ノム・アノアは操り人形のサンデル・カリヴァスを暫定評議会の指導者に据えた。そしてカリヴァスは、自分こそ新しい皇帝であると宣言し、他の評議員たちを逮捕して閉じ込めた。

しかしサンデル・カリヴァスの統治は長続きしなかった。フィーナ・ダスタの父親であるバロンレイジズ・ダスタやキア・ケイノスによって、カリヴァスは敗北に追い込まれた。ケイノスはカリヴァスを処刑し、ダスタはダスタン宙域を帝国から独立させた。そして新共和国は、閉じ込められた暫定評議会メンバーの領域のほとんどを奪い取った。

参考資料

脚注

関連項目

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki