FANDOM


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 
Imperial training academy

帝国アカデミーで訓練されるビッグズ・ダークライター

帝国アカデミー[1](Imperial Academy)は銀河共和国のアカデミー・システムから発展された、銀河帝国の軍事教練プログラム。こうしたアカデミーではエイリアン種族はすべて人間より劣っているというプロパガンダが、生徒たちに叩き込まれた。

共和国の時代、アカデミーは探査機関や軍事行動、商業サービスに従事する若者たちのための、エリート教育機関だった。

パルパティーンの指示のもと、帝国はアカデミーを改革し、それぞれの惑星の防衛勢力や司法部門によって使用されていた機関と合体させた。帝国アカデミーは銀河系各地に設立され、帝国宇宙軍帝国地上軍の将来の将校を育成していった。ふたつの軍部の訓練施設は、それぞれセクター宇宙軍アカデミー帝国地上軍将校訓練アカデミーとして知られていた。

アカデミー・システムの中でも、特に優れていた学校が幾つかあった。ライサル・アカデミーは、最も名門の地上軍の養成学校と考えられており、帝国宇宙軍アカデミーは宇宙軍の主要な中心施設だった。コルラグ・アカデミーはライサルに継ぐアカデミーと評価されることもあり、カリダのアカデミーは主要なストームトルーパー訓練施設だった。惑星カリダは重力が他の惑星よりも強く、厳しい環境がタフで立ち直りの速いトルーパーを育てたからである。

アカデミー

登場作品

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki