FANDOM


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 
FalconAsteroidChase-SWM

小惑星帯でTIEファイターに追われる<ミレニアム・ファルコン

小惑星(Asteroid)は恒星をめぐる惑星よりも小さい固形の物体である。大きさは数十メートルから数百キロメートルまでさまざまだった。小惑星は、星系内の小惑星帯でよくみられた。ジェダイ・ナイトオビ=ワン・ケノービバウンティ・ハンタージャンゴ・フェットは、惑星ジオノーシス付近の小惑星帯で戦ったことがある。ケノービは小惑星に隠れることで、自分が死んだとジャンゴをだますことができた。銀河内戦中、ハン・ソロホス小惑星帯へと逃げ込み、銀河帝国デス小艦隊の追っ手を振り切った。

小惑星のより小さいバージョンは流星体(メテオロイド)であり、これらは大気圏で流星や流星群となり、隕石として惑星に衝突した。

ザ・リーフとして知られるラマロ星系の外部の雲のように、小惑星の雲は二つの惑星の衝突という事故をしばしば引き起こした。この雲は正確な座標がない限り、ハイパースペースを通過して星系内部に入ることを制限し、ハイパースペースで雲を通過することは異常事態を引き起こすことがあった。

小惑星は司令のための軍事基地として使用されることがあった。帝国のモー研究所や、クルスタイ星系チス拡張防衛艦隊基地がそれにあたる。

制作の舞台裏

スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』のホス小惑星帯の場面で、小惑星の中にすくなくともひとつ、ジャガイモが紛れ込んでいる。

登場エピソード

外部リンク