FANDOM


正史版の内容はこちらをクリック。  レジェンズ版の内容を紹介しています。 
Asteroid field SWCCG.jpg

混沌としたホス小惑星帯

小惑星帯(Asteroid belt)は小惑星が集中した領域であり、銀河系には多くの小惑星帯があった。

概要

恒星系にはほとんど例外なく小惑星帯が存在する。それは惑星が衝突して出来た残骸のようなものであったり、強力な重力によって粉々になった惑星だったり、一つの惑星になるほどではない岩石の集合体であったりする。無意味な岩である場合がほとんどであるが、中には貴重な鉱物資源を含んだ小惑星、小惑星帯が存在する事も確かである。

有名な例では惑星ジオノーシス[を取り巻く小惑星帯には、工業生産に必要な鉱物資源が豊富に含まれ、ドロイド生産など工業生産資源として活用された。まら、ランド・カルリジアンデュブリリオン星系で小惑星帯から豊富な資源を採鉱していた。ほとんどの小惑星帯は、恒星系の惑星と惑星の間などに存在する。巨大な重力を持つ惑星の周りをリングのように取り巻くものもある。生命体が生息する惑星の周りを小惑星帯のリングが取り巻く場合も、非常に珍しい例ではあるが存在する。ジオノーシスやユージャンターがその例である。リングは地上から見上げると天への架け橋、神の国への道のごとく見える。ユージャンターのそれは目を見張るほど美しく、ユージャン・ヴォングは自らを神の末裔と信じるほどであった。

おもな小惑星帯

登場作品

このリストは不完全です

外部リンク

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki