FANDOM


類似した名称の記事は尋問部門を参照

尋問部門[1](Interrogation)は、帝国情報部解析局に属した部門である。帝国情報部によって逮捕された敵対勢力のエージェントは皆、尋問部門へ回された。ニュー・オーダー保護委員会尋問部門とは異なり、情報部の尋問部門は共和国再建のための同盟の工作員に対して残忍な手法を取らなかった。彼らは、捕まえたエージェントから得た情報は、同盟軍による可能な限り迅速な対処によって、すぐに役に立たなくなってしまうだろうと考えていた。そのため、情報部の尋問部門は、精神探査と神経プログラミングを使って捕虜を二重スパイに仕立て上げるという、より長期的な手法を好んでいた。

同盟軍がこの活動に気づくと、情報部門は作戦を変えた。彼らは、同時に複数名の捕虜を解放することにしたが、二重スパイの再教育を施すのは、そのうち少数に留めたのである。この作戦によって、同盟軍は戻ってきた味方に疑惑の目を向けなければならず、捕虜の一部、あるいは全員の受け入れを拒否するかどうかを迫られる、好ましくない状況に陥った。この状況は反乱軍基地全体の士気を損なった。他にも、尋問部門は再教育した捕虜に整形手術を施し、彼らを新しく同盟軍に加入させる手法も採用していた。銀河内戦当時、この手法で同盟軍に潜入したエージェントは、まだひとりも発見されていなかった。

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki