FANDOM


「ラサルの階級プレートと司令官キャップのディスクはほんもののようでした」
モフウィルハフ・ターキンに対し、フィンディアンの燃料タンカー施設管理官[出典]

将校ディスク(Officer's disk)、身分証明ディスク(Identity disk)は銀河帝国軍隊で使用されていた身分証明用の道具である。大きさの異なる小さな円盤が3枚重なった、円錐状の装置だった。帝国軍将校のキャップやベルトのバックルに取り付けられていた。

歴史

クローン戦争終結から5年後、銀河帝国に対する抵抗運動を行っていたバーチ・テラーは、帝国宇宙軍司令官アベル・ラサルの将校ディスクやコード・シリンダー階級プレートを偽装し、ラサルに成りすましてフィンダーの燃料タンカー施設で補給を受けようとした。[1]

登場エピソード

参考資料

脚注