FANDOM


Tab-canon-white-ja  Tab-legends-black-ja 
「みなさん、宇宙軍情報部は、ホロネットの妨害行為の可能性については保安局と意見が一致しています。アイソン副理事は証拠の重要性と脅威の本質を理解していると思います」
―ランシット中将[出典]

宇宙軍情報部(Naval Intelligence Agency)は銀河帝国宇宙軍に所属した諜報機関である。帝国の誕生から5後、宇宙軍情報部の長官を務めるドッド・ランシット中将の反逆行為が発覚した。ランシットの処刑後、ウルフ・ユラーレンが後任に選ばれ、宇宙軍情報部は帝国情報部(軍情報部)と統合された。

概要

宇宙軍情報部は帝国情報部とは別の組織として設置されたが、しばしば提携して活動することがあり、宇宙軍情報部が軍情報部と呼ばれることもあった。首都惑星コルサント連邦管区に建てられた宇宙軍情報部本部は、インペリアル・パレスCOMPNORアーコロジーと並ぶ巨大建築物だった。

歴史

帝国時代初期、ドッド・ランシット中将が宇宙軍情報部を指揮し、テリナルド・スクリード中将がその補佐を務めていた。彼らは統合本部の会議でたびたび軍情報部の意見を代理で表明していた。クローン戦争の5後、ランシット中将がバーチ・テラー反乱分子と共謀して反逆行為を働いていたことが明らかになった。ランシットが処刑された後、宇宙軍情報部は軍情報部と統合され、元帝国保安局員のウルフ・ユラーレンがランシットの後任として副長官に任命された。

登場作品

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。