FANDOM


Atticon

正史へ移行されていないレジェンズの記事

この記事は正史版を作成する必要があります。

Tion

クローン戦争期の行政長官、ティオン・メイドン

「ごきげんよう、若いジェダイ。わたしはティオン・メイドン、この平和な惑星の宇宙港管理局局長だ。このような辺境の惑星に、ジェダイがなんの用ですかな?」
―ティオン・メイドン[出典]

宇宙港行政長官[1]宇宙港管理局局長[2]Master of Port Administration)、あるいは 宇宙港管理人Port Administrator)、ウータパウの議長Chairman of Utapau)は、惑星ウータパウパウ・シティ宇宙港を統轄する人物に与えられた称号である。銀河共和国時代の末期、ティオン・メイドンが宇宙港行政長官を務め、ウータパウを訪れる人々をもてなしていた。

クローン戦争が終結に迫っていた当時、ウータパウをひとつにまとめた功労者、ティモン・メイドンの末裔であるティオン・メイドンが行政長官に就任してから、既に200年以上が経過していた。ティオン・メイドンは、エキゾチックな合金でつくられた行政長官の杖を持ち歩き、当時流行の床までの長さのローブを身に着けていた。また、彼は副官としてランペイ・フェイを連れていた。独立星系連合グリーヴァス将軍によって惑星が危機に晒された際、メイドン長官はジェダイ・マスターオビ=ワン・ケノービが将軍を倒す手助けをした。

登場作品

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki