FANDOM


正史版の内容を紹介しています。  レジェンズ版の内容はこちらをクリック。 
「銀河系にまだ奴隷制があるなんて。共和国の奴隷禁止法では―」
「共和国なんてここには存在しません。自分で生きるしかないの」
パドメ・アミダラシミ・スカイウォーカー[出典]
Anakin Meets Padme.jpg

ワトーの奴隷だった頃のアナキン・スカイウォーカーと、パドメ・アミダラの出会い

奴隷制(Slavery)は知覚生物が他の知覚生物を売買して所有物にする制度や慣習である。銀河共和国は奴隷制を禁止していたが、クローン戦争当時もこの慣習は存在していた。アウター・リム・テリトリー惑星タトゥイーンモス・エスパでは、奴隷の肉体にチップが埋め込まれ、逃げ出そうとすれば爆発するようになっていた。クローン戦争中、ザイゲリアは数世紀前に支配していた強大な奴隷帝国を再建しようとした。

銀河帝国台頭した後、奴隷制は再び一般的なものになった。特に非人間種族は、標準に満たない市民として帝国に扱われた。例えばウーキーは、故郷であるキャッシークを帝国に占領された後、ケッセルスパイス鉱山で強制労働を強いられた。サイムーン1にあった銀河系最大の武器製造施設兵器廠アルファでは、日夜帝国の奴隷が働かされていた。他にも、名義上は奴隷ではなかったものの、奴隷同然の状態で働かされるケースが多々存在した。彼らは厳しい仕事を強いられながらかろうじて生計を立て、しばしば堕落した帝国の役人と対立した。

奴隷制に従事する者や、他人を捕まえて奴隷にする者たちは奴隷商人と呼ばれた。

登場作品

参考資料

他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki