FANDOM


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 
Lando smoothie

銀河内戦当時、ベスピンクラウド・シティの執政官を務めたランド・カルリジアン

執政官(Baron Administrator)は惑星ベスピンクラウド・シティの管理者の役職名。惑星ケルロド=アイやその他の施設でもしばしばこの称号が使われていた。

クラウド・シティ設立者エクレシス・フィグの取り決めにより、執政官の地位は前任者により選定されると決められていた。後継者の名が挙げられていなければ、ギルド議会エグゼックスの投票で決まった。執政官は56階建ての執政官府に暮らし、職務を遂行した。執政官としての基本的な権限は、クラウド・シティを問題なく動かし、クラウド・シティが最も効率よく機能する環境を提供することだった。

執政官の仕事は責任範囲も解釈も広いために、権限が濫用されやすかった。したがって、エグゼックスと議会が望ましくない執政官の悪政から市を守らなければならない。執政官として不適切な人物をふたり、永久に排除したこともある。しかし、職務の解釈が曖昧だからこそ、すぐれた執政官が自由に統治し、クラウド・シティを繁栄させることができたのも事実である。

制作の舞台裏

小説『ダークセーバー』ではバロン総督と訳されている。

登場作品

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki