Fandom

Wookieepedia

命の借り

9,726このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする

命の借り(Life debet)は自分の命を救ってくれた相手には終生尽くすというウーキーグンガンなどの聖なるしきたり。

ウーキーの命の借り

ウーキーは伝統的な技術にも先端技術にもよく通じ、ウーキーの社会は何世紀もかけて、さまざまな儀式と慣習の基盤を築いてきた。故郷キャッシーク銀河帝国に征服された逆境の中でも、古くからある伝統により支え合ってきたのだ。また、ウーキーの社会は名誉を重んじることでも知られている。名誉を重視するしきたりが社会的結合力の基盤だが、逆に数世代にわたって、ウーキーを悩ます大きな原因にもなっている。それが、ウーキーの「命の借り」という社会的意識である。この「命の借り」というのは、だれかに命を救われた場合、種族や毛の色に関係なく、生涯その人に尽くして守っていかなければならないという慣習で、命の借りを実行できなければ、最大の不名誉とされるのだった。

「命の借り」という掟の起源は、ウロスコーの逸話だといわれている。若くて命知らずのウロスコーは、森の深くまで冒険するか、臆病者の恪印を押されるかの選択を迫られた。彼はこの挑戦を受けて立つが、彼を殺そうとする火の精グラーシャッドに捕まってしまった。そのとき、年長のウーキーであるスタルパークに救われたのだった。そして、ウロスコーは感謝の証として、終生スタルパークに尽くしたのだった。

登場作品

参考資料

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki