FANDOM


Queicon

この記事のタイトルはあくまで仮の名称です。

正式名称が不明なため、記事名に仮のタイトルが充てられています。

ある名称不明のマンダロアは、マンダロア戦争最後の戦いマンダロア・ジ・アルティメットジェダイ・ナイトレヴァンに敗れた後、マンダロリアンたちの間で権力を掌握するようになった。彼はタング種族の中で、最後にマンダロアの称号を名乗った人物である可能性がある。

経歴

ジェダイ内戦のあいだ、シスの暗黒卿ダースレヴァンが捕まった3,957 BBYごろ、あるマンダロリアンの戦士がレヴァンのアサシン・ドロイドHK-47をこの詳細不明のマンダロアを殺害するために派遣した。しかし、このマンダロアはなんとかしてドロイドを捕獲し、地位を狙うものを殺すために再プログラムを行った。このドロイドは任務を達成したが、のちにこの任務のことを、自分がこなした中でもっとも粗末な成果だと考えるようになる。3,956 BBY、彼はマンダロリアンのチームを惑星キャッシークシャドウランドに派遣し、ステルス・シールド発生装置技術の効果をテストするよう命令した。

3,951 BBY以前のある時期に、彼はマンダロアのマスクを手に入れて部族を統一しようとしていたカンデラス・オルドと遭遇した。すでに瀕死の状態にあったこの詳細不明のマンダロアは、オルドとの面会中に命を落とす。死ぬ前に、彼はマンダロア・ジ・アルティメットはシスの助けを得てマンダロアの称号を不当に手に入れたのだと主張し、自分こそがマンダロア・ジ・インドミタブルの正当な後継者だと言った。彼は自分たちの遺産を保つ(preserve)ため、カンデラスに自分の部族と装甲服を引き継ぐよう頼んだ。カンデラスはこれを引き受け、マンダロアのマスクと自身のヘルメットを合体させ、その後マンダロア・ザ・プリザーヴァー(preserver)となった。

登場作品

  • Star Wars: Knights of the Old Republic (言及のみ)

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki