FANDOM


Queicon

この記事のタイトルはあくまで仮の名称です。

正式名称が不明なため、記事名に仮のタイトルが充てられています。

「殺せ。奪え。屑喰い烏賊の餌にしろ」
―ナー・シャッダのバーテンダー[出典]

このバーテンダーザブラク種族男性で、帝国時代衛星ナー・シャッダバーを経営していた。この店舗は彼が父親から受け継いだものだった。

経歴

ヤヴィンの戦いの直後、フォース感応者ルーク・スカイウォーカーが彼の店を訪れ、コルサントへの安全な移動手段を提供してくれる者を探した。バーテンダーはスカイウォーカーを相手にせず、他の客たちにこの世間知らずな青年を殺してスカム=スクィッドの餌にするよう命じた。しかし、スカイウォーカーがライトセーバーを起動したため酒場は静まり返った。バーテンダーたちはライトセーバーを取り上げようとしたが、グラッカス・ザ・ハット手下が真っ先にセーバーを奪い、バーから逃げ去っていった。

その後、スカイウォーカーの仲間のチューバッカC-3POがバーテンダーの店にやってきた。チューバッカはC-3POの通訳を介してバーテンダーや客を脅し、スカイウォーカーに関する情報を提供しなければ痛い目に合わせると宣言した。チューバッカは宣言通り酒場の客を制圧し、バーテンダーを捕まえて店の外に出た。チューバッカはバーテンダーを脅してグラッカス・ザ・ハットの宮殿の場所を聞き出した後、ダイアノーガが巣食うゴミ収集機械へと放り投げた。

登場作品