FANDOM


惑星ケッセルにあったこのスパイス鉱山は、19 BBY当時、すでに使用されていなかった。このオーダー66を生き延びたジェダイのグループが、このスパイス鉱山会合場所として使った。

特徴

銀河帝国形成された19 BBY当時、このケッセルスパイス鉱山はすでに使用されておらず、施設に残っていた設備や機材も、放棄されたまま残っていた。ジェダイ・マスターシャデイ・ポトキンによれば、この鉱山にはもはやスパイス・スパイダーも集まらなくなっていたが、長く滞在することは賢いこととは言えない、ということだった。

スパイス鉱山につくられた採鉱施設は、大雑把に見て直方体の洞窟のような形になっており、壁には照明のパネルが埋め込まれていた。施設には巨大な採鉱用クレーンが1台と、リパルサーリフト採鉱カートが数多く残されており、岩や鉱石もまだ残っていた。洞窟には呼吸できるだけの空気があったため、施設には何らかの酸素供給装置やフィルターがあったと思われる。機材の多くは、比較的無傷で放置されていた。

歴史

Purge

ケッセルの鉱山では、ヴェイダーとジェダイの戦いが繰り広げられた

オーダー66が発令され、多くのジェダイが命を落とした後、ジェダイ・マスターのシャデイ・ポトキンは生き残った仲間を数名ケッセルのスパイス鉱山に呼び集めた。19 BBY、帝国の誕生から1か後、ジェダイ・マスターのポトキン、コフィ・アラーナジャスタス・ファーツイ・チョイマキスシャラスロブリオ・ダーテ、そしてジェダイ・ナイトシア=ラン・ウェズバルター・スワンがこの鉱山に集結した。

ポトキンは、他のジェダイに秘密で、シスの暗黒卿ダース・ヴェイダーをこのスパイス鉱山におびき寄せていた。ヴェイダーがジェダイ・マスター・オビ=ワン・ケノービを探していることを知ったポトキンは、この集会にケノービも参加しているという偽りの情報を流したのだった。ポトキンは、ジェダイの生存者で力を合わせ、皇帝パルパティーンの右腕であるヴェイダーを葬ろうと計画したのである。

しかし、ポトキンの計画は裏目に出た。ポトキンが意図した通り、ヴェイダーはスパイス鉱山に姿を現したが、ジェダイの生存者たちは次々とこのシス卿に倒されていったのである。ウェズとマキスシャラスがライトセーバー戦いで倒された後、ポトキンはコートシス製のヴェイダーのライトセーバーの機能を停止させたが、素手で首を折られて殺されてしまった。その後、アラーナは仲間割れの結果スワンを殺し、ヴェイダーに挑みかかって返り討ちにあった。最後に残ったチョイ、ダーテ、ファーは、フォーステレキネシスで鉱山の廃品をヴェイダーに投げつけ、優勢に立った。しかし、コマンダーアポーボウたち第501軍団ストームトルーパーが鉱山に駆け付けたことで、戦いに決着がついた。ストームトルーパーは施設上部のキャットウォークからブラスターで射撃し、鉱山に集まったジェダイは全滅した。

登場作品

参考資料

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki