FANDOM


Tab-canon-white-ja  Tab-legends-black-ja 
この記事は反乱同盟の艦隊を扱っています。 あなたが探しているのは初期反乱軍の艦隊かもしれません。
「時を経て、ラダスやメリック将軍のような者たちが驚くべき技量を見せ、海賊の艦隊となっていたかもしれない集団を真の軍隊に変えた。われわれのパイロットや乗員や司令官たちの技術や勇気が帝国のそれと比肩するに至って久しい。残る課題はわれわれの船が全面的な戦闘において、技術的に優る敵を相手に勝利できるかということだ。そういった課題が試される必要のないよう、わたしは希望する。だがもしその日が来たときには、勝利を収めることを信じる」
―文書番号MH2215:モン・モスマの個人ファイル『反乱同盟宇宙軍の歴史に関する覚え書き』より抜粋[出典]

同盟軍艦隊(Alliance Fleet)、あるいは反乱軍艦隊(Rebel Fleet)、反乱同盟宇宙軍(Rebel Alliance Navy)、反乱同盟艦隊(Rebel Alliance Fleet)は、共和国再建のための同盟軍隊における宇宙戦闘部門で、様々なスターシップおよびスターファイターから成る艦隊である。2 BBYに反乱同盟が結成されたとき、初期反乱軍艦隊を前身に編成された。銀河内戦中、同盟軍艦隊は銀河帝国宇宙艦隊と争い、新共和国創設後は新共和国防衛艦隊へと再編される。

歴史

ヤヴィンからの撤退

Blue Glass Arrow 詳細はヤヴィンからの撤退を参照

ヤヴィンの戦いの勝利した後、衛星ヤヴィン4秘密基地から撤退活動を行うため、ギアル・アクバー提督率いる同盟軍艦隊がヤヴィン星系に到着した。その後、同盟軍艦隊は新しい作戦本部が設置されるまで辺境の惑星オルトー・プルトニアの軌道で待機した。その間、彼らは訓練のため反乱軍トルーパーを惑星の地上に派遣した。反乱軍によるサイムーン1攻撃が終わった後、プリンセスレイア・オーガナ率いる部隊がアクバー提督やモン・モスマらと会うため同盟軍艦隊に合流した。

ホスの戦い

Blue Glass Arrow 詳細はホスの戦いを参照

ホスの戦いでは、同盟軍艦隊に属す多数の輸送船エコー基地の人員と器材を積んで惑星ホスから脱出した。この戦いは反乱軍の敗北に終わったが、部隊のほとんどが脱出に成功した。ホスの戦いの後、辺境の惑星5251977に反乱軍の基地が設立された。

サラスト付近での集結

帝国が森の月エンドアの軌道で第2デス・スターを建造していることが明らかになると、同盟軍艦隊は攻撃に備えてサラストの付近に集結した。タトゥイーンハン・ソロを救出したチューバッカR2-D2C-3PO、プリンセス・レイア、ランド・カルリジアンらも艦隊に加わった。また、ルーク・スカイウォーカーも一度ダゴバに立ち寄った後合流した。

エンドアの戦い

Blue Glass Arrow 詳細はエンドアの戦いを参照

エンドア星系に到着した同盟軍艦隊は、大規模な帝国軍艦隊によって待ち伏せを受け、エンドアの戦いが始まった。少なくとも2隻のモン・カラマリ・スター・クルーザーがデス・スターのスーパーレーザー砲によって一撃で沈められた。同盟軍艦隊は甚大な被害を被ったが、エンドアに派遣されていた地上部隊がデス・スターのシールド発生装置を破壊したため、デス・スターへの直接攻撃が可能になった。エンドアの戦いに勝利した後、同盟軍は新共和国を創設し、同盟軍艦隊は新共和国防衛艦隊へと再編された。

艦船

主力艦

フリゲート

コルベット

輸送船

スターファイター

登場作品

参考資料

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。