FANDOM


Tab-canon-white-ja  Tab-legends-black-ja 

可変翼自動推進式バトル・ドロイド・マークI(Variable Geometry Self-Propelled Battle Droid, Mark I)はヴァルチャー級スターファイター(Vulture-class starfighter)という別名で知られたドロイド・スターファイターである。シ・チャー大聖堂の付属工場で製造され、トレード・フェデレーション独立星系連合によって使用された。ブラスター砲や魚雷発射装置を搭載し、宇宙だけでなく大気圏内でも戦えるよう設計されていた。ヴァルチャー・ドロイドは歩行モードに変形することができた。

特徴

Vulture droid walk

歩行モード

シ・チャー大聖堂付属工場で製造された可変翼自動推進式バトル・ドロイド・マークI(ヴァルチャー・ドロイド)は、生きたパイロットを必要としない自立式のドロイド・スターファイターである。シ・チャリアンによって設計され、宇宙空間と大気圏内の両方で戦えるよう作られていた。中央の頭部にパイロット・ドロイドを構成する部品が収められ、変形して歩行モードになることで、左右の翼を脚にして歩くことができた。[1] 飛行モードでの全長は6.96メートル、全高1.86メートルで、歩行モードの全高は6.87メートルになった。[3] 武器として両翼にブラスター砲各2門と、船首にエネルギー魚雷発射装置を2基備えていた。[1][3]

両翼の前後は二又に別れており、前方の4つの先端部分にはクロー(爪)が取り付けられ、これは歩行モード時に伸びる仕組みになっていた。頭部の前に設置されていた魚雷発射装置は、歩行モード時に対人用の角度に再設定された。燃料庫は船尾に配置され、特殊な高密度固形燃料が蓄えられた。この燃料は点火時に急速に燃焼し、爆発的なエネルギーを供給したが、稼働時間は短かった。そのため、ヴァルチャー・ドロイドは基地や母艦のそばで運用する必要があった。待機時、ヴァルチャー・ドロイドは格納庫の天井に設置されたエネルギー充填ラックにぶら下がった。[1]

Vulture droid SWE

飛行モード時の上面図

ドロイド・スターファイターは生物のパイロットより優れた運動性能を誇ったが、逆に生物のパイロットが戦闘時に発揮する機知や抜け目なさを備えていなかった。そのため戦略家の間でもドロイド・スターファイターの有効性については意見が分かれていた。設計上の欠点を補うため、トレード・フェデレーションはヴァルチャー・ドロイドを使う際に数を頼りにした戦法を採ることが多かった。[1][3] また、彼らのヴァルチャー・ドロイドには固いガードが施され、機密が外部に漏れないようになっていた。ドロイド司令船とのコンタクトが失われた場合に備え、ヴァルチャー・ドロイドには自爆機能が備わっていた。[1]バトル・ドロイドの歩兵部隊と同様、初期のヴァルチャー・ドロイドは中央司令船によって制御されていたが、後期型はある程度の独立性を与えられていた。[3]

ヴァルチャー・ドロイドはピストエカ破壊工作ドロイド(バズ・ドロイド)を満載したディスコード・ミサイルを搭載することができた。[1]バクトイド・アーマー・ワークショップ社はヴァルチャー・ドロイドの設計をもとにハイエナ級ボマーを開発した。[1][7]

ナブーの侵略当時、トレード・フェデレーションが使用したヴァルチャー・ドロイドの機体は茶色だった。[5]クローン戦争中に使用されたヴァルチャー・ドロイドは、独立星系連合の所属であることを示すブルーとホワイトのシンボルカラーに塗り替えられていた。[1]

歴史

シ・チャリアンによって設計・製造されたヴァルチャー・ドロイドは、ニモーディアンの企業トレード・フェデレーションのスターファイターとして活躍した。彼らが使用したルクレハルク級バトルシップは1,500機のドロイド・スターファイターを積み込むことが可能だった。[1]ヤヴィンの戦いの32前、フェデレーションのヴァルチャー・ドロイドはナブーの戦いに投入され、N-1スターファイターで構成されるナブーブラボー小隊からドロイド司令船を防衛した。しかし、アナキン・スカイウォーカー少年のN-1がドロイド司令船の破壊に成功したため、ヴァルチャー・ドロイドも他のドロイド部隊と同様に機能を停止した。[5]

クローン戦争が勃発すると、ヴァルチャー・ドロイドは独立星系連合の分離主義勢力ドロイド軍に加わった。分離主義勢力のヴァルチャー・ドロイドはマラステアの戦いコルサントの戦いに参加した。

登場エピソード

参考資料

脚注

独立星系連合
指導者 ダース・シディアス - ドゥークー伯爵国家主席) - グリーヴァス将軍ドロイド軍最高司令官
分離主義評議会 ヴァイスロイヌート・ガンレイ - ルーン・ハーコ - ポグル・ザ・レッサー大公 - エマーワット・タンバー監督者 - サン・ヒル会長 - パッセル・アージェンテ監督官 - シュ・マーイ会頭 - ポ・ヌードー - ティッケス元老院議員
分離主義元老院 ヴォー・アテル - バイ・ブラス - ミーナ・ボンテリ - アミータ・フォンティ - カーチ・クシ - ベック・ラワイズ - パン・リンバウド
主な参加勢力 トレード・フェデレーション - テクノ・ユニオン - バクトイド・アーマー・ワークショップ社 - インターギャラクティック銀行グループ - コマース・ギルド - コーポレート・アライアンス - クオレン孤立主義同盟 - リテイル・コーカス
関連用語 シャドウフィード - 分離主義危機
連合軍
組織 分離主義勢力ドロイド軍 - 分離主義勢力宇宙軍 - アンバラン民兵 - オンダロン近衛兵
バトル・ドロイド B1型ロケット - グラップル - ファイアファイター) - B2型B2-HA - B2-RP - ロケット・トルーパー - グラップル) - OOM型コマンド - セキュリティ - パイロット) - ドロイデカシャープシューター) - アクア・ドロイド - オクトゥプタラ・ドロイド - クラブ・ドロイド - デモリッション・ドロイド - ドロイド・コマンドー - ドワーフ・スパイダー・ドロイド - ドロイド・ガンシップ - バズ・ドロイド - ヘイルファイア級ドロイド・タンク - ホーミング・スパイダー・ドロイド - マグナガード - LR-57 - SD-K4
ビークル AAT - DDT - スーパー・タンク - MTT - NR-N99 - STAP - プロヴィデンス級 - ミュニファスント級 - レキューザント級 - ルクレハルク級 - サブジュゲーター級 - ハードセル級 - プンウォーカ116級 - トライデント級 - シーシピード級 - C-9979着陸船 - DH全能支援船 - ドロイド・トライ=ファイター - ナンテックス級 - ヴァルチャー・ファイター - ハイエナ級ボマー - ベルブラブ22 - ローグ級スターファイター
[テンプレート]