FANDOM


この記事は初期の反乱運動を扱っています。 あなたが探しているのは反乱同盟かもしれません。
「昔、反乱軍が正式に立ち上がる前、だれもやりたがらない仕事、考えつきもしない仕事で、多くのゲリラが手を汚しました。だからこそ、いまの反乱軍があるのです、姫」
レイア・オーガナに対し、ロクマルカ[出典]

反乱軍(The rebellion)は銀河帝国に抵抗する銀河系各地の反乱分子によって構成された緩やかなネットワークである。ヤヴィンの戦いの数前に存在した。オルデラン代表のベイル・オーガナ元老院議員や元ジェダイパダワンアソーカ・タノが秘密裏に組織を指揮し、各反乱分子はネットワークや他の分子の情報をほとんど知らないまま個別に活動した。タノは“フルクラム”という暗号名を使って各分子と連絡を取り、必要な情報や物資を提供していた。スペクターズによる反乱の呼びかけが行われた後、反乱軍は帝国軍に捕えられたロザルの分子の指導者ケイナン・ジャラスを救出するため一致団結し、帝国に大規模なネットワークの存在を知られるという危険を冒した。反乱軍はより組織化された抵抗勢力、共和国再建のための同盟(通称“反乱同盟”)の前身となった。

特徴

「お互い会ってはいけなかったの。捕まった時、他の組織の情報が帝国に漏れるから」
ヘラ・シンドゥーラ[出典]
Home Base and its fleet

反乱軍の艦隊

反乱者のネットワークは、銀河帝国に対してレジスタンス運動を展開する銀河系各地の反乱分子によって構成されていた。ネットワークを指揮していたのは帝国元老院惑星オルデランを代表するベイル・オーガナ議員と元ジェダイパダワンアソーカ・タノだった。多くの場合、各分子のメンバーは自分たちを束ねる大規模な反乱運動や他の分子の存在を知らされていなかった。これは反乱運動を守るために考案された運営手法で、もし反乱分子が帝国軍に捕えられたとしても、他の反乱者たちの情報が帝国に漏れないようになっていた。各分子とのコミュニケーションを維持するため、タノは“フルクラム”という暗号名を名乗って活動した。アウター・リム・テリトリーの惑星ロザルを中心に活動する宇宙船ゴースト>のクルーや、コマンダー・ジュン・サトー率いるフェニックス戦隊がネットワークに参加していた。サトーの分子にはフェニックス中隊と呼ばれるRZ-1 Aウイング・インターセプター部隊や、少なくとも5隻のCR90コルベット司令船ペルタ級フリゲートフェニックス・ホーム>が所属した。<フェニックス・ホーム>が破壊された後、コマンダー・サトーはCR90コルベット<リベレーター>を新しい司令船に選んだ。

歴史

起源

BailR2Rebels

R2-D2から反乱分子の情報を得るオーガナ

クローン戦争が終結し、銀河共和国シーヴ・パルパティーン最高議長(彼にはシスの暗黒卿ダース・シディアスという裏の顔があった)が銀河帝国を創設して自ら初代皇帝となった後、反帝国主義者による緩やかな反乱ネットワークが形成された。ベイル・オーガナ元老院議員と元ジェダイ・パダワンのアソーカ・タノは、銀河系各地の反乱分子と共同で活動し、彼らに必要な任務を与えていた。オーガナは帝国元老院に所属していたため表立った活動はせず、タノも“フルクラム”という暗号名を使って反乱分子と接触していた。

ヤヴィンの戦いの5前、オーガナ議員は帝国のT-7イオン・ディスラプター・ライフル獲得を阻止するため、ドロイドR2-D2C-3POを惑星ガレルへ派遣した。その際、2体のドロイドはロザルを中心に活動する<ゴースト>の反乱者たちと遭遇した。帝国の手に渡るはずだったディスラプター・ライフルを破壊した後、反乱者たちはオーガナの正体や反乱軍の存在を知らないまま、R2-D2とC-3POを持ち主のもとへ届けた。R2-D2は事件の一部始終を記録しており、反乱者たちの活動をオーガナに報告した。その後、<ゴースト>の船長であるヘラ・シンドゥーラにだけは反乱軍の存在が知らされ、“フルクラム”からの支援や指令が与えられるようになった。

新しい仲間

Editicon このセクションは不完全です。記事の編集が求められます。

登場作品

参考資料

他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。