FANDOM


「われわれは銀河帝国が銀河系に暮らす自由市民の権利を故意に、かつ悪質に踏みにじったと判断する。よってわれわれは帝国をこの銀河から追放する権利を持ち、その権利はなにものにも侵すことはできない」
―反乱宣言より抜粋

反乱宣言(Declaration of Rebellion)は共和国再建のための同盟銀河皇帝ダース・シディアスに突き付けた宣言書である。この文書をもって銀河帝国に対する抵抗運動の開始が正式に宣言された。反乱同盟を率いた亡命中の元老院議員モン・モスマは、自分たちをテロリスト扱いする帝国への反論としてこの文書を作成した。帝国が銀河内戦で敗北した後、反乱宣言は新共和国の設立文書の1つと見なされるようになった。

歴史

Mon Mothma Rogue One promo

反乱宣言の作成者、モン・モスマ

銀河帝国創設以降、銀河系各地でさまざまな反乱分子が台頭し、銀河皇帝ダース・シディアスとその専制政府に対する武装抵抗運動が始まった。やがてこうした反乱分子はシャンドリラモン・モスマ元老院議員オルデランベイル・オーガナ総督ライロスキャプテンヘラ・シンドゥーラといった指導者たちのもとで一致団結し、共和国再建のための同盟(反乱同盟)を形成する。しかし、銀河帝国によって血に飢えた無政府主義者というレッテルを貼られてしまった反乱同盟は、自分たちの目的は破壊活動ではなく、クローン戦争終結時にシディアスに滅ぼされた銀河共和国の再建であることを明確にし、人々の印象を改める必要があると考えた。

亡命中のモン・モスマ元老院議員は、帝国のプロパガンダに対する反論として反乱宣言を作成した。彼女は宣言文の中で皇帝パルパティーンを非難し、帝国が銀河市民に対して犯した罪を列挙した。帝国の違法な体質を強調するため、反乱宣言は法律用語を巧みに用いて作成された。また、反乱軍の正式名称が共和国再建のための同盟であることや、帝国の言うような破壊活動ではなく、銀河をより良い場所にすることが自分たちの目的だと明言された。

モスマはホロネットやその他のチャンネルを用いて秘密の場所から反乱宣言を発信した。モスマの言葉をもとに製作された各種ポスターやアートを通じ、メッセージは銀河系各地に拡散した。本来のメッセージを伝えるため反乱同盟がみずから製作したアートもいくつか存在したが、大半の作品は反乱運動を支持する革命家たちによって作られた。反乱宣言の数年後、帝国は銀河内戦に敗北する。帝国に代わって新共和国が台頭すると、反乱宣言は新政府の設立文書の1つと見なされるようになった。

全文

引用元:  Sar Wars Propaganda: A History of Persuasive Art in the Galaxy[1]

われわれ反乱同盟のメンバーは、反乱運動の意図と目的を明確にすべく、本日、皇帝陛下と銀河系のあらゆる知的生物に対して本宣言を行う。

われわれは銀河政府による法治の重要性と必要性を強く認識している。われわれはみな政府に服従し、一定の権利と自由を差し出す見返りとして、すべての人民が平和と繁栄と幸福を享受すべきであると考える。

われわれは銀河政府の権力および統治権は、被支配者の同意によって成り立つものと信じている。政府によって自由市民の権利が故意に、かつ悪質に侵害された場合、自由市民はその政府を変革または排除できる正当な権利を有するべきである。

われわれは銀河帝国が銀河系に暮らす自由市民の権利を故意に、かつ悪質に踏みにじったと判断する。よってわれわれは帝国をこの銀河から追放する権利を持ち、その権利はなにものにも侵すことはできない。

われわれは熟慮を重ねた。長い歴史を持つ政府を、浅薄で短期的な目的のために変えるのは許されないことである。しかし政府が強奪、暴力、不道徳の道を歩みだし、自由のもとに生まれた市民を完全かつ絶対的に征服しようとしていることが明らかとなれば、その政府を倒すことこそがわれわれに与えられた権利であり、また使命である。

銀河帝国の歴史とは、貴下、皇帝パルパティーンを銀河の絶対君主に据えることを目的とした、市民に対する暴力の歴史である。

貴下は市民の代弁者である元老院を解体した。
貴下はこの銀河に住む非人間種族に対して露骨な差別主義政策と大量虐殺を実行した。
貴下は市民によって選ばれた惑星の統治者を追放し、自分の息のかかったモフや総督を後釜に据えた。
貴下は納税者の同意を得ずに税金を引き上げた。
貴下は裁判もせずに何百万人もの人を処刑し、牢獄に閉じこめた。
貴下は違法に土地や所有物を没収した。
貴下は自分の支配を押しつけたいがために、不必要かつ無分別に軍隊を増強した。

したがって、われわれ反乱同盟は、銀河の自由市民の名において、また彼らの権限に基づき、われわれの決意をここに宣言する。

あらゆる手段を行使して貴下や貴下の軍隊と戦うこと。
自由市民の権利を侵す、あらゆる帝国法を拒絶すること。
貴下を滅ぼし、銀河帝国に崩壊をもたらすこと。
銀河のあらゆる人々に恒久なる自由を取り戻すこと。

われわれはこの目的を遂げるため資産と名誉、命を懸けることをここに誓う。

この文章は著作権で保護されています。この文章は適切な引用形式でアップロードされています。

制作の舞台裏

反乱宣言の全文は、1990年に発売された設定資料集『Rebel Alliance Sourcebook』(未邦訳)で初めて紹介された。邦訳メディアでは、『スター・ウォーズ テクニカル・ジャーナル』に後半部分の抜粋が掲載されている。正史設定での初出は、2016年発売の設定資料集『Star Wars Propaganda: A History of Persuasive Art in the Galaxy』。文章の内容はレジェンズと正史で共通している。

脚注

  1. 原文(翻訳に際し、一部『スター・ウォーズ テクニカル・ジャーナル』の訳を参考にした)
共和国再建のための同盟
同盟市民政府 議長 - 同盟内閣 (教育大臣 - 財務大臣 - 産業大臣 - 国務大臣 - 補給大臣 - 戦争大臣 - 内閣書記官)
反乱分子 アイアン戦隊 - スペクターズ - パルチザン - フェニックス戦隊 - マサッシ・グループ - ライロス解放運動 - ロザル・レジスタンス
組織 初期反乱軍 - 同盟軍 - 同盟軍最高司令部 - 同盟軍特殊部隊 - 同盟情報部 - ローグ・ワン
同盟軍艦隊 艦隊司令部 - スターファイター司令部 - スターファイター部隊 (グリーン中隊 - ゴールド中隊 - コロナ中隊 - ティアフォン・イエロー・エース - フェニックス中隊 - ブルー中隊 - ブレード中隊 - レッド中隊 - ローグ中隊) - 反乱軍パイロット
同盟軍地上部隊 トルーパー - 哨兵 - マークスマン - ヴァンガード - 重装兵士 - トワイライト中隊
主なビークル Aウイング - Bウイング - Uウイング - Xウイング - Yウイング - CR90コルベット - GR-75中型輸送船 - MC75スター・クルーザー - MC80スター・クルーザー - スキー・スピーダー - スノースピーダー - ネビュロンB - ハンマーヘッド・コルベット - ブラハトック級ガンシップ
活動拠点 チョッパー基地 (アトロン) - ダントゥイン基地 (ダントゥイン) - ベース・ワン (ヤヴィン4) - エコー基地 (ホス) - 5251977 - クレイト前哨基地 (クレイト) - 燃料補給基地 (ヴロガス・ヴァス) - ホーム・ワン
その他 初期反乱運動 - 銀河内戦 - 反乱宣言 - 反乱同盟スターバード - 新共和国
[テンプレート]

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。