Wikia

Wookieepedia

初代デス・スター

トーク0
4,469 件の記事が
このウィキにあります
この記事は最初のデス・スターを扱っています。 あなたが探しているのはデス・スターかもしれません。
Death Star
デス・スターI
製造に関する情報
モデル

DS-1軌道バトル・ステーション

階級

バトル・ステーション

技術的な情報
全長

160キロメートル

横幅

160キロメートル

高さ/深さ

160キロメートル

MGLT

10 MGLT

ハイパードライブ等級

クラス4.0

動力

サイナー・フリート・システムズ社

搭載
乗組員
その他の情報
役割
時代
所属
最初期の航行

19 BBY

破壊

0 BBY/ABY

初代デス・スター[1]Death Star I)は銀河帝国が建造した衛星大の宇宙ステーションバトル・ステーション。160キロメートルの直径を持ち、惑星ひとつを破壊しうる力を備えていた超兵器。

DS-1軌道バトル・ステーション(DS-1 Orbital Battle Station)とも。また、のちに第2デス・スターが出来るまでは単にデス・スターと呼ばれた。


歴史 編集

分離主義者の設計 編集

デス・スターがまだ"究極兵器"として知られていた頃、その原型となる技術的なデザインはジオノージアン・インダストリーズ社によって行われた。このバトル・ステーションは独立星系連合のために、銀河共和国の軍隊を掃討するために設計されていたのだ。

22 BBY、惑星ジオノーシスジェダイとの戦いが勃発する。ジオノーシスのリーダー、ポグル・ザ・レッサーは秘密の究極兵器の設計図がジェダイの手に渡ることを恐れ、それをドゥークー伯爵に手渡す。ドゥークーはそれをコルサントにいるマスター、ダース・シディアスの元へと無事に運んだ。この設計図は、ウィルハフ・ターキンと技術者のレイス・サイナーが思い描いていた移動戦闘惑星の計画と融合することになる。

運用編集

 帝国による恐怖の象徴となることを義務付けられた巨大戦闘要塞は、帝国軍の総本部ともいえる機能が備わっていた。

指令本部編集

 グランドモフの地位を得たウィルハフ・ターキンが司令官を務めるこの戦闘要塞は、帝国艦隊の動く指令本部となった。ターキンより地位の低いモフ、将軍、将校は、通信ではなしえない重要な会談を持ったり、指令を受けるため、招集される。重要な会議が開催されるときは必ずと言って良いほどデス・スターの主会議室が使われた。主会議室は指令区画及びターキンのオフィスのすぐ近くに有る。盗聴装置が仕掛けられるのを防ぐため、使われていないときにも守衛に守られる程の、この会議室の位置さえ最高機密で、使用者と護衛だけしか知らなかった。

 一般区画から主会議室に行くには、4つの保安ポイントを通らなければならない。ポイントを一つ通過するごとに警備とチェックが厳しくなっていく。何度も武装した保安ポイントを通過するそれは、帝国の軍の中枢たる権威を示すと共に、グランドモフの地位、ターキンの権威をも威圧的に知らしめる仕組みだ。参加メンバーが身の程を忘れたとしても、主会議室にたどり着く頃には身にしみて思い出している事であろう。警戒が厳重な理由には、当然ながら会議室に集まるメンバーの警護も含まれている。ここに呼ばれるのは、ターキンと直接はなせる程の帝国軍の主要メンバーであり、会議の内容は帝国軍を左右する程の物だからである。

 部屋に入った高官達はグランドモフ・ターキンの到着を待つ。黒く艶のあるテーブルは円形で、中央に黒光りのする球形のホロプロジェクターが設置されている。これはテーブルのコンピューター端末を通じて操作され、標的や惑星、敵の艦隊などを三次元イメージとして投影可能だ。テーブルには階級順に座ることが厳しく定められている。地位の高さを示す長い背もたれのついた黒い椅子にターキンが座り、階級順にターキンの左右に座って行く。最も階級の低い者がターキンの正面、テーブルの下座につく。ただ、ダース・ベイダーだけはほとんど着席せず、高官達の後ろをゆっくりと威圧的に歩き回り、暗黒卿の存在を知らしめ、震え上がらせた。帝国の階級制度に属さない皇帝直属の部下であるダース・ベイダーは、皇帝自身の存在と意志を象徴しており、逆らう者には無慈悲な制裁が待っていた。

 灰色の金属的な壁、磨き抜かれた黒いテーブル、薄暗いトーンの照明。それらは皇帝と帝国の強さ、偉大さを思い知らせ、選び抜かれて集まったはずの集まる高官をも威圧する。各席の端末は中央コンピュータに繋がり、高官達に戦略を説明する際の資料を提供する。コンピュータを通して、テーブル中央のホロプロジェクターがアクセスされると、標的や惑星等のイメージを3次元表示し、提示することが出来た。

 帝国のポリシーに従い、この主会議室には塵一つ無い。会議室の係となった将校達は、部屋を塵一つ無い状態に保ち、会議に関する情報をインプットし、ホロイメージやシーケンスを集め、関連する司令官に招集状を送り、会議の保安をチェックした。将校は、いつ呼び出されても良い様に続き部屋の待合室で待機していた。会議室に呼ばれるようなことがあれば、その将校はその経験を忘れることなど出来なかったという。

監房ブロック編集

Wiki-shrinkable この記事は書きかけです。是非記事を編集してください。

登場作品 編集

脚注 編集

関連項目 編集

外部リンク 編集

ウィキアネットワーク

おまかせウィキア