FANDOM


「抵抗勢力なんてものじゃない。はっきり言うべきだ。無政府主義者と。共和国の崩壊を願った者がいたように、連中は帝国が崩壊することを望んでいる」
オーソン・クレニック[出典]

分離主義者の抵抗勢力(Separatist holdouts)はクローン戦争終結した後も戦いを止めなかった独立星系連合の残党である。分離主義同盟が敗北した後、彼らは銀河共和国に代わって誕生した銀河帝国に抵抗を続けた。クローン戦争終結から4が過ぎた後も、帝国宇宙軍は分離主義者の抵抗勢力との戦いを続けていた。旧分離主義勢力の武器やテクノロジーは終戦後も現役で、帝国の調査官の研究対象になった。

登場エピソード