FANDOM


「だが、まだきみは工兵隊にいるんじゃないのか」
「もちろんだ。だが仕事の範囲が広がってね、かなり」
ゲイレン・アーソとオーソン・クレニック[出典]

共和国工兵隊(Republic Corps of Engineers)は銀河系各地の施設の開発やメンテナンスを担った銀河共和国の組織。もともとジュディシアル・フォースと提携していたが、クローン戦争では共和国グランド・アーミーを支援した。オーソン・クレニック少佐は工兵隊の一員として共和国軍事作戦センターをはじめとする施設の設計や改築に携わった。戦争中、クレニックは共和国特殊兵器部門に配置換えされたが、表向きの所属は工兵隊のままだった。[1]

登場作品

脚注

銀河共和国
歴代最高議長 チェイセン・ピイアン - カルパナ - フィニス・ヴァローラム - シーヴ・パルパティーン
組織 銀河元老院最高議長 - 副議長 - 議長のオフィス - 元老院議員 - 下級代議員 - ロイヤリスト・コミッティー - 2000人の議員) - ジュディシアル部門ジュディシアル・フォース) - 共和国情報部 - 共和国保護委員会 - 共和国工兵隊 - 共和国特殊兵器部門 - セネト・ガード - レッド・ガード
施設 元老院ビル銀河元老院会議場) - 共和国行政ビル - 共和国軍事作戦センター
共和国軍の部隊 宇宙軍オープン・サークル艦隊 - コルサント本国防衛艦隊
グランド・アーミーコルサント・ガード - ジェダイ・コマンダー - ジェダイ将軍 - 第212突撃大隊 - 第501軍団
[テンプレート]

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。