FANDOM


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 
この記事は反乱同盟を扱っています。 あなたが探しているのは他の組織かもしれません。
「劣勢をものともせずに立ち上がった人々。彼らこそ勇者の名にふさわしい人たちです」
レイア・オーガナ[出典]

共和国再建のための同盟[8](Alliance to Restore the Republic)は、惑星星系宙域レベルの抵抗勢力によって構成された、緩やかな同盟組織。彼らは基本的に、共通の敵である銀河帝国と戦うという、同じ目的のもとに団結していた。かつての銀河共和国を再建するという究極の目標を達成するために、同盟は皇帝パルパティーンを権力の座から降ろし、ニュー・オーダーの覇権を銀河系から排除しようとしていた。

銀河系に自由を再建するための同盟(Alliance to Restore Freedom to the Galaxy)、あるいは反乱同盟[8](Rebel Alliance)とも呼ばれ、非公式に反乱[9](Rebellion)の名でも知られた。ストームトルーパーをはじめとする帝国の人物は、反乱同盟のメンバーを反乱軍[10](Rebels、Rebs)、あるいはレベル・スカム(Rebel Scum)と呼んだ。

反銀河帝国運動の起源は、銀河共和国が帝国へと再編される直前の19 BBYにまで遡った。反乱同盟の中核を形成した創始者たちのうち、ベイル・プレスター・オーガナモン・モスマといったロイヤリスト・コミッティー元老院議員は、権力を拡大するパルパティーン最高議長に反対の声を上げるため、2000人の議員に加わった。18 BBY、帝国形成から1も経たないうちに、新しい体制と戦うための、軍事的な抵抗組織がすでに形成されていた。そのうちのひとつはイレヴンの名で知られ、ジェダイの逃亡者フェラス・オリンも参加していた。2 BBY、複数のレジスタンス・グループが単一の抵抗運動に併合され、反乱同盟が形成された。皮肉なことに、反乱同盟の形成はシス卿のオーダーによって扇動されていた。皇帝の敵対者を誘き出すために、シス卿ダース・ヴェイダーは様々な抵抗組織から大規模な反乱運動をつくり出すよう、秘密の弟子スターキラーに指示を出した。しかしヴェイダーに裏切られたスターキラーは、反乱運動の指導者たちを救うため、自ら犠牲になった。皇帝の敵を一度に排除するヴェイダーの計画は、大規模な抵抗組織誕生を許す結果になったのだ。

誕生したばかりの反乱同盟と銀河帝国の間に、銀河系の覇権をめぐって銀河内戦が勃発する。人的資源、宇宙船、武器、その他の面で、反乱同盟軍は帝国に圧倒されていたが、戦いにかける強い意思を持っていた。概して、同盟軍は良く訓練された兵士と才能のある司令官によって構成された。中には、体制に裏打ちされた帝国の残虐行為を目にし、反乱運動に命を懸ける決心をした帝国からの離反者もいた。惑星カミーノトプラワで初期の勝利を収めた反乱同盟軍は、ヤヴィンの戦いで最も重要な勝ち星を挙げた。この戦いで、帝国の巨大バトルステーションデス・スターは、ルーク・スカイウォーカーという名の若き反乱軍パイロット破壊された。最初の超兵器破壊からおよそ4年後の4 ABY、皇帝パルパティーンとダース・ヴェイダーはエンドアの戦いで命を落とした。エンドアで勝利を収めた後、反乱同盟は彼らの組織をより型式的な政府、自由惑星同盟へと再編し、その後新共和国が誕生した。最終的に新共和国は、かつての旧共和国のように、共和制のもとに銀河のほとんどを統一する民主主義政府、銀河連合自由同盟に生まれ変わる。

歴史

起源

「パルパティーンに投票するの。帝国に。モン・モスマにもそう言ってちょうだい。従順な議員を演じるの。態度に気をつけ、うつむいているのよ。そして……わたしたちが話すことのできない活動をつづけるの。わたしが知ることのできない活動を。それを約束してちょうだい、ベイル」
―ベイル・オーガナに対し、パドメ・アミダラ[出典]
Sithdelscener1pic2

パルパティーンの政治に反対するため話し合う議員たち

銀河帝国に対する反乱は、“2000人の議員”として知られる銀河元老院内部の政治的少数派閥の平和的な運動から始まった。ナブーパドメ・アミダラオルデランベイル・オーガナシャンドリラモン・モスマといった特定の元老院議員たちは、議会の権力を弱めて行政府に独裁的なほどの公的な権限を与える憲法改正に懸念を強めていた。分離主義危機とそれに続くクローン戦争によって、銀河系銀河共和国分離主義勢力によって二分されるという危機にさらされていたため、元老院の大半はこうした法改正を受け入れていた。しかし2000人の請願書に署名したメンバーは、改正があまりに急進的で、憲法に違反した行為であり、共和国の未来にとって不利益な行いだと感じていた。クローン戦争最後の19 BBY、分離主義勢力が敗北寸前だったにも関わらず、元老院議員の大半は最高議長パルパティーンに更なる権限を与え続けた。共和国が独裁政権になることを恐れた2000人の議員は、最高議長に非常時大権を放棄することを要請し、懸念を表明した。

2000人の議員たちは知らなかったが、パルパティーン最高議長にはシスの暗黒卿ダース・シディアスという裏の顔があった。1000年間にわたり、シス卿のオーダーは銀河共和国とジェダイ・オーダーを転覆させ、銀河系を再び支配する日を待ち続け、構想を練っていた。最高議長パルパティーンとして、シディアスは何十年もかけて共和国の政治的ヒエラルキーのトップに収まった。彼が最高議長に選出された選挙や、カミーノクローン軍団の創設、分離主義運動のはじまり、そしてクローン戦争の勃発は、全てシスが銀河の覇権を握るための策略だったのである。

3年間にわたるクローン戦争を利用し、最高議長パルパティーンは公的権力を強化させた。クローン戦争で共和国を率いた人物として、彼は一般からの強い支持を得ていた。パルパティーンの共和国市民からの人気は非常に高く、元老院の大多数は彼に政策の決定権を任せたままにしていた。しかし何千年にもおよぶ共和国の伝統と民主主義の理想が組織的に抑制されていることについて、アミダラやオーガナ、彼女たちと同じ意思を持つ一部の議員たちは、中心的な理念が失われてしまうのではないかと危惧していた。宙域統治法の可決により、元老院はほとんど実権を失ってしまい、全ての宙域は軍事総督(彼らはパルパティーン議長によって選出され、モフと呼ばれた)の派閥によって支配されることになった。

これに対し、2000人の議員たちは嘆願書に署名し、モフが事実上元老院から権利を奪ってしまっていることに反対の声を上げた。また、彼らは最高議長パルパティーンが共和国を戦前の状態へと戻すことを望んでいた。しかし、パルパティーンがオーダー66(共和国のクローン兵士たちに、ジェダイ将官抹殺を命じる緊急指令)を発令した際、さらなる憲法改正を阻止しようとする2000人の議員の目標は失われてしまった。パルパティーンは臨時議会を招集し、ジェダイが彼の暗殺計画を企んでいたと、演壇で嘘をついた。“ジェダイの反逆”をでっちあげることで、パルパティーンは共和国の究極的な再編を達成する。彼は初代銀河帝国を建国し、自身がその皇帝であると宣言したのである。2000人の議員の指導的メンバーだったアミダラとオーガナは、元老院議員たちの拍手喝采の中で民主主義に終止符が打たれるのを、衝撃を受けながら見守った。

Editicon このセクションは不完全です。記事の編集が求められます。

主なメンバー

Rebel Leaders

反乱軍指導者たち、ギアル・アクバーガーム・ベル・イブリスモン・モスマベイル・プレスター・オーガナ

指令体系

最高同盟指令部

参考資料

脚注

外部リンク

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。