FANDOM


Queicon

この記事のタイトルはあくまで仮の名称です。

正式名称が不明なため、記事名に仮のタイトルが充てられています。

「ひょろひょろしてるぜ」
「まったく、よく躓かないな」
グレガーウォルフ[出典]

ヤヴィンの戦いの数前、銀河帝国全地形対応装甲トランスポートの初期モデルを使用していた。このモデルはホスの戦いなどで使われたのちのAT-ATモデルよりも大型だった。

知られている機体

制作の舞台裏

AT-ATウォーカーの初期モデルはTVアニメ・シリーズ『スター・ウォーズ 反乱者たち』に登場する。シーズン2第4話『共和国の遺物』の公式解説ページにて、本作に登場するAT-ATが映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』のモデルとは別物であることが明かされた。

登場作品

全地形対応ビークル
銀河共和国 AT-AP - AT-TE - AT-RT - AT-OT
銀河帝国 AT-ACT - AT-AT (初期型 - エリート) - AT-DP - AT-MP (Mk III) - AT-ST (Mk III) - AT-PT
ファースト・オーダー AT-AT - AT-HH - AT-HS - AT-MA - AT-M6 - AT-PD - AT-ST
[テンプレート]