FANDOM


「これは危険なウォーカーだ。足も早い。使えるぞ!」
シュリヴ・スールガヴ[出典]

全地形対応索敵トランスポート(All Terrain Recon Transport)はAT-RTという略称で知られたクワット・ドライブ・ヤード社製の2脚オープン・コックピット式ウォーカー兵器である。クローン戦争銀河共和国グランド・アーミーが使用した。後継機として、帝国地上軍AT-DPAT-STウォーカー等がある。

特徴

クワット・ドライブ・ヤード社が製造した全地形対応索敵トランスポート(AT-RT)は、2脚で歩行するオープン・コックピット式のウォーカーである。[1] 全高3.5メートルで、偵察用ビークルとして設計されていたが、機動力が高く重装備だったためバトル・ドロイドの敵の中を容易に突き進むことができた。[2]スピーダー・バイクにも通じる簡単な操作性と、脚のジャイロスコピック・システムに支えられた安定した歩行性能を誇ったが、露出したパイロットAT-RTドライバー)を守る能力は低かった。顎部分に搭載されたレーザー砲はバトル・ドロイドには効果的だったが、重ビークルには通用しなかった。また、戦況を友軍に伝えるための通信アンテナを備えていた。[1]

歴史

AT-RTは銀河共和国グランド・アーミーによって使用された。さまざまな惑星の地形に対応できるAT-RTは、共和国のクローン・トルーパーにとって理想的な兵器となった。クローン戦争中、ライロスの戦いキャッシークの戦い等に投入された。[1][5]

銀河帝国地上部隊が使用した全地形対応防衛ポッド(AT-DP)はAT-RTの改良型で[1]、同じく帝国の全地形対応偵察トランスポート(AT-ST)も後継機のひとつだった[2]

登場エピソード

参考資料

脚注

全地形対応ビークル
銀河共和国 AT-AP - AT-TE - AT-RT - AT-OT
銀河帝国 AT-ACT - AT-AT (初期型 - エリート) - AT-DP - AT-MP (Mk III) - AT-ST (Mk III) - AT-PT
ファースト・オーダー AT-AT - AT-HH - AT-HS - AT-MA - AT-M6 - AT-PD - AT-ST
[テンプレート]
共和国軍
グランド・アーミー 第7空挺兵団 - 第41精鋭兵団 - 第91機動偵察兵団 - 第327星間兵団 - 第104大隊 - 第212突撃大隊 - 第501軍団 - ゴースト中隊 - グリーン中隊 - トレント中隊 - タンゴ中隊 - ウルフパック - クローン・フォース99 - デルタ分隊
宇宙軍 オープン・サークル艦隊 - コルサント本国防衛艦隊 - ブルー中隊 - ゴールド中隊 - シャドウ中隊 - クローン・フライト7
スターシップ ヴェネター級スター・デストロイヤー - アクラメイター級アサルト・シップ - リパブリック・フリゲート - ペルタ級フリゲート - アークワイテンズ級軽クルーザー - CR90コルベット - イータ級シャトル - T-6シャトル - ニュー級アタック・シャトル - シータ級T-2cシャトル - Vウイング - ARC-170 - クローンZ-95 - V-19トレント - Yウイング - デルタ7 - デルタ7B - イータ2
ビークル AT-TE - AT-OT - AT-RT - AT-AP - AV-7対ビークル砲 - BARCスピーダー - HAVw A6ジャガーノート - RX-200 - LAAT/i - LAAT/c - 自走重砲
クローン・トルーパー マーシャル・コマンダー - コマンダー - キャプテン - ルテナント - サージェント - ARC - ARF - BARC - コマンドー - ショック・トルーパー - スキューバ・トルーパー - ナビゲーション・オフィサー - パイロット - フレイムトルーパー - メディック - ライオット・トルーパー - 特殊作戦部隊
[テンプレート]