FANDOM


全地形対応攻撃ポッド(All Terrain Attack Pod)、通称AT-APウォーカー(AT-AP Walker)はクローン戦争期に銀河共和国グランド・アーミーが使用したウォーカー兵器である。強力なレーザー砲を装備しており、移動式砲台として活躍したが、装甲が薄いため重火器に弱かった。

特徴

クワット・ドライブ・ヤード社製全地形対応攻撃ポッド(AT-AP)は移動式の砲台として活躍した銀河共和国ウォーカーである。パイロット1名、機内に乗り込む砲手1名、頂部の重レーザー砲を外側から操作する砲手1名の計3名によって運用された。AT-APは旧型の全地形対応戦術攻撃兵器(AT-TE)と全地形対応1人乗りトランスポート(AT-PT)の中間に位置する機体で、基本的には2本の脚で移動したが、実体弾を発射した際の反動を抑える3本目の脚とサスペンション機構を備えていた。[1] AT-APは長距離射撃に使われ[2]、高い火力を活かして建物の破壊に威力を発揮したが、軽装甲だったため重武装の兵士や高速車両には圧倒されやすかった。[4]

歴史

クワット・ドライブ・ヤード社が製造したAT-APウォーカーは、共和国グランド・アーミーの新戦力として、遅れてクローン戦争に参加した。このウォーカーはフェルーシアキャッシークにおける戦いで活躍する。[1]

銀河内戦中、反乱同盟軍は白とオレンジ色に塗りなおされたAT-APウォーカーをタトゥイーン等の戦場に配備し、銀河帝国との戦いに使用した。[4]

登場作品

参考資料

脚注

共和国軍
グランド・アーミー 第7空挺兵団 - 第41精鋭兵団 - 第91機動偵察兵団 - 第327星間兵団 - 第104大隊 - 第212突撃大隊 - 第501軍団 - ゴースト中隊 - グリーン中隊 - トレント中隊 - タンゴ中隊 - ウルフパック - クローン・フォース99 - デルタ分隊
宇宙軍 オープン・サークル艦隊 - コルサント本国防衛艦隊 - ブルー中隊 - ゴールド中隊 - シャドウ中隊 - クローン・フライト7
スターシップ ヴェネター級スター・デストロイヤー - アクラメイター級アサルト・シップ - リパブリック・フリゲート - ペルタ級フリゲート - アークワイテンズ級軽クルーザー - CR90コルベット - イータ級シャトル - T-6シャトル - ニュー級アタック・シャトル - シータ級T-2cシャトル - Vウイング - ARC-170 - クローンZ-95 - V-19トレント - Yウイング - デルタ7 - デルタ7B - イータ2
ビークル AT-TE - AT-OT - AT-RT - AT-AP - AV-7対ビークル砲 - BARCスピーダー - HAVw A6ジャガーノート - RX-200 - LAAT/i - LAAT/c - 自走重砲
クローン・トルーパー マーシャル・コマンダー - コマンダー - キャプテン - ルテナント - サージェント - ARC - ARF - BARC - コマンドー - ショック・トルーパー - スキューバ・トルーパー - ナビゲーション・オフィサー - パイロット - フレイムトルーパー - メディック - ライオット・トルーパー - 特殊作戦部隊
[テンプレート]
他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。