FANDOM


全地形対応偵察トランスポート(All Terrain Scout Transport)はAT-STという略称やスカウト・ウォーカー(Scout Walker)といった別名でも知られたクワット・ドライブ・ヤード社製の2脚式ウォーカーである。より大型のAT-ATウォーカーほど強力ではなかったものの、銀河内戦では銀河帝国地上軍の重要な戦力となった。クローン戦争銀河共和国が使用したAT-RTウォーカーの後継機だった。

特徴

Atstcrew.jpg

AT-STのコックピット

クワット・ドライブ・ヤード社が製造した全地形対応偵察トランスポート(AT-ST)は、2本の脚で移動する軽量型ウォーカー兵器だった。小回りが利き、どのような地形でも素早く移動することができた。[1] 全高8.6メートルで、近縁関係にある大型の全地形対応装甲トランスポート(AT-AT)と比べて軽武装だった。AT-STにはふたりのパイロットが乗り込んだ。[2]「顎」の部分に搭載された中型ブラスター砲2門の射程距離は2キロメートルで、機体左右に取りつけられた震盪手榴弾ランチャーや軽ブラスター砲は近距離の歩兵にしか通用しなかった。[1]

AT-STの装甲板はAT-ATよりはるかに薄く、ブラスターのような小型武器の攻撃にはびくともしなかったが、レーザー砲ミサイルといった重火器の攻撃にはひとたまりもなかった。また、AT-STにはハイジャックされやすいという弱点もあった。通常、AT-STは巡回や偵察任務に使用され、重要な戦闘ではAT-ATウォーカーと一緒に配備されることが多かった。その際、AT-ATが敵の砲台やビークルを破壊し、AT-STがその攻撃を逃げ延びた歩兵や小型の標的を一掃するという作戦が取られた。[1] また、移動速度と耐久性を向上させたAT-STマークIII(通称ベテランAT-ST)という改良型も存在した。[4]

歴史

全地形対応偵察トランスポートは、クローン戦争期に銀河共和国が使用した全地形対応索敵トランスポート(AT-RT)の後継機として誕生した。[5] クワット・ドライブ・ヤード社によって製造され、銀河帝国地上部隊によって使用された。巡回や偵察任務に最適な機体であったことから、「スカウト・ウォーカー」という名で呼ばれるようになった。[1]ヤヴィンの戦いが終わってしばらくした頃には、AT-STマークIIIと呼ばれる改良型も実戦に投入されていた。[4]

ヤヴィンの戦いの3年後に発生したホスの戦いでは、マクシミリアン・ヴィアーズ将軍の指揮の下、AT-STやAT-ATウォーカーからなる部隊反乱同盟軍エコー基地を襲撃した。AT-ATはホスの雪原を低速で歩行しなければならず、反乱軍のスノースピーダーの攻撃にさらされたが、AT-STは雪の中をどんどん突き進み、敵の塹壕や砲台を攻撃して基地を陥落させることに成功した。[1][6]

Endor trooper shield.png

シールド発生装置を起動してAT-STの攻撃から身を守る反乱軍兵士

それから約1年後、AT-STはエンドアの戦いにも参加し、森のエンドアで反乱軍の攻撃チームや原住民イウォークと戦った。イウォークは近距離からの攻撃に弱いAT-STの欠点を突き、ロープで足を引っ掛けて転倒させたり、岩や破片、丸太を利用してウォーカーの足場を不安定にした。また、彼らはAT-STのコックピット部分を丸太で挟み撃ちにすれば、薄い装甲版を突き破って機体を破壊できることを発見した。また、反乱軍兵士のチューバッカはイウォークのウィドルワンカと協力してAT-STを1機乗っ取った。彼らが拿捕したAT-STは、反乱軍による地上戦の形勢逆転に一役買った。[1][3]

登場作品

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki