FANDOM


この記事は元老院の情報機関を扱っています。 あなたが探しているのは共和国情報部かもしれません。

元老院情報部[1](Senate Bureau of Intelligence)、略称SBIは、銀河共和国の主要な非軍事的情報組織であり、銀河元老院に国内および国外の情報を提供し、元老院の内外を問わず、保安的な脅威の可能性を調査する役目を与えられていた。

歴史

元老院情報部は、銀河共和国の情報機関の中でもっとも大規模であり、元老院情報監視委員会と何らかの関係を持っていた。SBIは、軍事情報機関である共和国情報部とは区別されていた。分離主義危機の中、SBIの権力はロイヤリスト・コミッティーによって拡大され、クローン大戦中、パルパティーン最高議長がさらにそれを大きなものにした。大戦前、SBIの中には腐敗がはびこっていた。階級の低い情報部エージェントが、誤った情報を適正価格でばらまくことで、汚職元老院議員の陰謀を手助けしていたのである。ウルフ・ユラーレンもSBIのメンバーだったが、彼は組織にはびこる大規模な横領に幻滅し、辞任した。

ダインヴィン・ナーカッサントラヴェイルイグレメン・バレズらは、クローン大戦中にSBIに在籍したエージェントである。キュー・ラーンクローン・コマンダーサイアヴァリアントらは、大戦中にSBIとともに活動した。

SBIの最後の長官アーマンド・アイサードであり、彼は同時期に共和国情報部部長も兼任していた。ニュー・オーダー宣言の後、SBIは帝国情報部の中枢となった。

元老院情報部には、イルコ・デミナーが率いる暗号解読部門があった。また、アイサードは危機対応支部を立ち上げている。

登場作品

参考資料

脚注

  1. 表記は『ミレニアム・ファルコン』による。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki