Fandom

Wookieepedia

低空強襲トランスポート/兵員用

9,734このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする
正史版の内容を紹介しています。  レジェンズ版の内容はこちらをクリック。 
「生存者を囲んで円形に防衛線を張れ」
ジオノーシスの戦いにて、ヨーダ[出典]

低空強襲トランスポート/兵員用(Low Altitude Assault Transport/infantry)、略称LAAT/iは、リパブリック・アタック・ガンシップ(Republic attack gunship)という別名でも知られたロザナ・ヘビー・エンジニアリング社製のガンシップ銀河共和国グランド・アーミーが使用した。さまざまな武器を搭載したリパルサークラフトで、空対地および空対空用の戦闘機としてだけでなく、兵員の輸送船としても活躍した。ジオノーシスの戦いで初めて戦場に登場したこのガンシップは、クローン戦争における最も有名な共和国軍ビークルのひとつだった。

特徴

CrumbBomber.jpg

機体にイラストが描かれたLAAT/iガンシップ、<クラム・ボマー

低空強襲トランスポート/兵員用(通称LAAT/i)は、ロザナ・ヘビー・エンジニアリング社によって製造されたリパルサーリフトガンシップである。標準的な機体はパイロット1名と前方砲手1名によって運用された。[1] 全長17.69メートル、全高6.94メートルで[2]、機体の上部から左右に翼が伸び、機体中央部の両側には兵士が乗り込むための大型のハッチがあった。ハッチを開いたまま飛行することもあり、兵士たちは船内に設置された吊り手に掴まった。[4]

LAAT/iガンシップには合成ビーム・レーザー砲塔が計4機搭載されていた。そのうちのふたつは、トループ・キャビンから弧を描いて外部にせり出した球体型の砲座に設置され、クローン・トルーパー2名が補助要員としてその砲手を務めた。残りのふたつは両翼に設置されていた。また、対人用の小型レーザー砲計3門、翼の下に空対空ロケット計8発を搭載し、主要兵器である巨大なマス=ドライバー・ミサイル・ランチャー2基は、弾頭を繰り出すミサイル・ベルト装置と共に船体上面後部に配置されていた。[1][3]

LAAT/iガンシップは空対地および空対空用戦闘機として活躍したが[3]、30名のクローン兵士を運ぶ兵員輸送機としての役割も担い、最高速度は時速620キロメートルに達した。ホバリング中のLAAT/iガンシップは空に浮く砲台さながらの戦闘力を誇り、搭乗しているクローン・トルーパーが開いたハッチからブラスター・ライフルで敵を狙い撃つことで、さらに火力が向上した。クローン戦争中、クローン兵士の中にはガンシップの機体に絵を描いて独自にカスタマイズする者もいた。[1]

歴史

低空強襲トランスポート/兵員用はクローン戦争が勃発する以前にロザナ・ヘビー・エンジニアリング社によって製造され、銀河共和国グランド・アーミーのビークルとしてジオノーシスの戦いで初めて戦場に姿を現した。[1]グランド・マスターヨーダによって率いられた共和国軍ガンシップ部隊は、砂漠惑星ジオノーシスペトラナキ・アリーナで戦っていたジェダイの生存者たちを救出し、独立星系連合バトル・ドロイドを蹴散らした。その後、ガンシップはクローン・トルーパーやジェダイを処刑アリーナの外の戦場に運んだ。[4] この戦い以降、LAAT/iガンシップはクローン戦争におけるもっとも有名な共和国軍ビークルのひとつとして知られるようになった。ガンシップに愛着を抱くクローン兵士も多く、いくつかの機体にはイラストが描かれていた。[1]

登場作品

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki