FANDOM


Queicon

この記事のタイトルはあくまで仮の名称です。

正式名称が不明なため、記事名に仮のタイトルが充てられています。

KraytWyyrlok Badass

ダース・クレイトの代弁者、3代目ダース・ウィーロック

ワン・シス・オーダーにおいて、シスの暗黒卿ダース・クレイト休眠状態にあるとき、ダース・ウィーロックとして知られるシャグリアンシス卿が彼の変わりに、代弁者(Voice)、ヴォイスの役目を果たした。137 ABYハド・アバドンで暗黒卿クレイトが一度命を落としたとき、3代目ダース・ウィーロックはワン・シスの支配権を摂政として手中に収め、クレイトの代わりに銀河皇帝の座についた。

知られている代弁者

制作の舞台裏

「Voice」が称号なのか、単なる代弁者の意味なのかははっきりしていない。

登場作品

  • Crosscurrent
  • Star Wars: Legacy 34: Storms, Part 1
  • Star Wars: Legacy 38: Tatooine, Part 2
  • Star Wars: Legacy 40: Tatooine, Part 4

参考資料

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki