FANDOM


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 

人間(Human)は銀河系でもっとも数が多く、政治的に優位に立っていた知覚種族であり、何百万という大小さまざまな規模の入植地を銀河全域に展開していた。銀河の首都惑星コルサントに起源を持つと信じられており、さまざまな地域で見かけることができ、スペーサー傭兵密輸業者商人兵士暗殺者農民、犯罪者、労働者、奴隷、奴隷商人、あるいはジェダイといったような、多くの職業に従事していた。人間がもっとも一般的な知覚種族であったために、彼らはしばしば生態や心理、文化において、ほかの種族と比較したさいの標準、あるいは平均的な存在だと考えられていた。

生態と特徴

Blue Glass Arrow こちらの記事も参照: ヒューマノイド
Lando13

ランド・カルリジアンとその補佐ロボト、そしてベスピン・ウイング・ガードたちは生理的特長の異なる様々な種の人間から成る

銀河系のほとんどの知覚種族と同様に、人間には胴体や2本の足、2本の腕、そしてひとつの頭があった。おおよその外観が人間と類似していた知覚種族は、もっとも一般的な例が人間だったために、しばしばヒューマノイドと呼ばれていた。彼らの頭にはふたつの目と、呼吸したり匂いを嗅いだりするための鼻がひとつ、呼吸および食事、コミュニケーションのための口がひとつあった。人間の腕には操作を行うための5本の指があり、脚の先にも同様に5本の指があった。また、大部分の種族と同様に、人間には男性と女性というふたつの性別が存在した。

ほかの哺乳類種族(たとえばウーキーイウォークなど)とは異なり、人間の体毛は少ししか体を覆っておらず、男性のほうが女性よりも毛深かった。彼らの体毛の大部分は、頭部の髪の毛(そして男性の場合はあごや、口の周辺にも)に集中していた。この髪の毛は、美的な理由や儀式的主張のために伸ばしたり、あるいは切ってスタイルを整えられることがあった。たとえば、惑星ナブーの精巧なヘアスタイルや、人間のジェダイパダワンの伝統である三つ編みがこれにあたる。年をとった人間の男性は、しばしば髪の毛が無くなっていくことがあった。成人男性の顔面の毛は、伸ばすこともあれば、スタイルを整えられたり、あるいは完全にそり落とされることもあった。

Sio bibblefull

年長の人間の男性シオ・ビブル。顔や頭の毛は老化灰色になり、薄くなっている

全体的な生理的特徴の画一性があるにも関わらず、外見上の人間のベースラインはそれぞれ大きく異なっていた。彼らの髪の毛はブロンドからダークまで様々であり、ときには赤い髪や茶髪もあり、年をとるごとに灰色、あるいは白髪に変わっていった。彼らの髪の毛はまっすぐなこともあれば、ウェーブしていたり、カールしていることもあった。彼らの目は、青、緑、灰色、または茶色の色合いがあった。

肌の色のトーンは人間のあいだでもさまざまだった。通常、様々な色合いの茶色に限定されており、淡い黄褐色の肌(例:バーナ・ブリムー)からライト・ブラウン(例:ルーク・スカイウォーカー)、そしてダークブラウン(例:ランド・カルリジアン)までの範囲があった。外見の多様性は多くの民族の間で見られ、特定の場所の孤立したコミュニティが特徴へ影響を与えているというわけではないようだった。ただし、惑星ソッコーロの住民は黒い皮膚と髪の毛をしていたことで知られるので、例外といえる。

ルーク・スカイウォーカーはミストレス・ニモスを「第10段階」の人間として記録したが、この分類分けの詳細は知られていない

歴史

起源

Baby leia

人間の赤ん坊、レイア

記録され、洗練された歴史を、宇宙旅行の開始よりもさらに歴史を遡っていってみても、人間の起源やと初期の歴史は、彼らの科学者から何千年という深みの中に忘れ去られてしまっている。彼らの故郷がどこであろうと、一般的に人間は銀河系の中心知覚のコア・ワールドで発展していったのだと信じられていた。人間は故郷が知られていない数少ない知覚種族のひとつであり、ほかにはリンヨーダの種族バラグウィンといった種族が数少ない例である。

4 ABYごろにセオウル5でドクター・ウアルプ・ザサンフェム・ヌ=アーによって発見された碑文によると、人間の起源は惑星ノトロンと呼ばれていた当時の惑星コルサントにあるとされる。近人間種族タングをコルサントから追い出した古代のズェルの国家が、のちの人間の祖先である可能性もあった。コルサントの大地は何千年もの時代の間に、住民の足元から数キロメートルしたに埋もれ、最下層の地層は100,000 BBYまで遡るほど古い。このため、コルサントに起源を持つことを証明したり、反証を挙げるために必要な惑星の先史時代の歴史の研究を行ったり、考古学的研究を進めることは不可能だった。加えて、コルサントの自然状態の気候は人間の生活を支えるにはあまりに冷えすぎているといわれており、コルサントが人間の最初の故郷であるとは言いがたい理由となっていた。ターニーズ・ブレイドは、人間の狩りの行動を観察した結果、人間の祖先には樹木や高地を好んでいたと信じた。

セレスティアルラカタといったいくつかの古代文明が、初期の人間をその故郷からほかの惑星へ移動させた可能性もある。実際、人間はかつてラカタの無限帝国奴隷種族だったと主張されていた。しかし、3,956 BBY時点のどのラカタの記録にも、人間の奴隷に関する情報が残されていない。遠く離れた人間の“植民地”のいくつかからは、遺伝的に人間のベースラインから分岐する近人間種族などを発生させた。

ジェダイ内戦のあいだ、ジェダイレヴァンは、タトゥイーンサンド・ピープルの言い伝えの中に、人間の起源はラカタによってこの惑星に連れてこられた奴隷であり、サンド・ピープルは惑星に置いていかれた者達から進化したのではないかという根拠を発見した。だが、実際にサンド・ピープルの言い伝えが示していたのは、ラカタとの古代の戦争が言い伝えに余計な情報をつけるよりも昔に、タトゥイーンがより温暖で住みよい星だったことがあるという事実だった。千年ものあいだに歪曲した歴史が、サンド・ピープルの持つ人間への敵意と結合し、言い伝えにあたらしい解釈をもたらしてしまったのである。レヴァンはそのために調査を行うことができなかった。

拡張

人間はその歴史の初期に、宇宙旅行をするようになった。実際、人間はハイパードライブを開発するよりも前に、スリーパー・シップを使うことで、コア・ワールドに植民惑星を持っていたのである。コルサントは惑星全体を覆う都市へと発展していき、そこから人間はオルデランコレリアコルラグシャンドリラなどのコア・ワールドの惑星へと拡張して行った。

初期の歴史の中で、人間はラカタン無限帝国によって征服されていたようである。人間がスター・フォージといったラカタンのプロジェクトで奴隷として働かされていたことを示す情報が若干ある一方で、当時のダントゥインラカタンの遺跡ドロイドやコンピューターは人間のことを認識していないという、相反する事実も存在する。

25,200 BBYごろに無限帝国が没落したあと、コアの人間たちはラカタンの技術を本当の惑星間文明設置のために使用した。当初は、ハイパースペース砲がコルサントと人間の住む惑星や、デュロスの文明を繋いでいた。コレリアンの人間は25,053 BBY以前のある時点にハイパードライブを積んだスターシップを開発していた社会のひとつであり、この技術をコアに広げていった。エクスパンショニスト時代と呼ばれる時期、ハーパードライブを使い、人間のスカウトと探検家たちは旅を行いほかの種族と出会っていった。

光速より遅い旅行技術でコア・ワールド中に植民地を広げていった人間は、のちにコロニー・リージョンとなるコロニー(植民地)を設立した。前共和国時代の晩年、人間はアウター・リム・テリトリータイオン星団まで遠方の居住惑星にたどり着いていた。タイオニーズの暴君ジムは、クロニーズ・スウィープスからハット・スペースの端のシクラータ星団までを征服した、前共和国の時期のもっとも有名な人間の一人である。

銀河共和国

Editicon このセクションは不完全です。記事の編集が求められます。

近人間種族

Jerec

ユン (エピカンシクス) とジェレク (ミラルカ)

Blue Glass Arrow 詳細は近人間種族を参照

銀河系の多くの種族は、身体的特徴において人間と多くの共通点を持っており、種族間のつながりが非常に密接であると考えられた。こうした種は近人間種族とされ、ほかの惑星で異なる発展を遂げた人間の子孫であると思われていた。もっとも有名な近人間種族には、キャラクタンチスヘイパンミラルカミリアランゼルトロンらがいた。これらの外見はほぼ人間だったが、独特で異なる明確な特徴を備えていた。ときには、人間と近人間種族の間に子孫を残せるほど、生物学的な差異が少ないこともあった。多くの場合、特定の集団が、異なる種族から寄せ集められた人々なのか、単一の種族から成るのか、人間をベースとした少数グループなのかを見分けることは困難だった。

近人間種族という言葉はヒューマノイドという言葉よりも具体的なものだった。近人間種族が生物学的に人間と関連している一方、ヒューマノイド種族は単に二足歩行といったおおまかな外見的類似点において関連しているに過ぎなかった。

登場作品

参考資料

関連項目

外部リンク

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki