Fandom

Wookieepedia

亜光速ドライブ

9,032このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする
正史版の内容はこちらをクリック。  レジェンズ版の内容を紹介しています。 
Xwing sublight engines.jpg

T-65 Xウイング・スターファイターの亜光速エンジン

亜光速ドライブ(Sublight drive)は、光速以下の速度で、通常空間、リアルスペースを飛行する為のエンジンである。宇宙船のエンジンには大きく分けて二つの種類があり、亜光速でない方は、ハイパースペースと呼ばれる超空間に入り、光速を超えた速度で航行し、主に恒星間飛行に利用されるハイパードライブ・エンジンである。 加圧放射能ガス、揮発性混合燃料、爆発性液体金属、ソーラーセルで集めた光などを燃料とする。

使用目的

ある惑星から、その衛星、あるいは同一星系内の惑星に移動する等、きわめて短距離の飛行に使用される。また、大気圏内でも使用できるため、離発着、惑星の周回軌道までの航行に利用される。ハイパードライブは遠距離を航行するのにふさわしいシステムであるが、惑星等の付近では使用する事が出来ない。従って宇宙船はハイパードライブが使用可能な地点まで、亜高速エンジンを利用して、移動しなければいけない。

恒星間飛行では、周回軌道から出て、ハイパースペースにジャンプするまでの用途に使われる。また、加速補正装置が重力効果を起こし、急激な加速によって乗員に与える衝撃を相殺する。リパルサーリフトを使って、ドッキング・ポジションへの移行や、大気圏婦負の低空飛行を行う場合も有る。ほとんどの場合、リパルサーリフトは、小型宇宙船に使用される。大型宇宙船には適合するリパルサーリフトがほとんど無い。帝国軍スター・デストロイヤーは、常に惑星軌道上にとどまり、人員や物資の運搬にはシャトルを使用していた。

原理

様々な使用が存在しているが、ほとんどはイオン・スラストの原理を利用している。 多様な反応体と電子加速回路を通過したエネルギーが、放出されることによって推進力となる。 ほとんどの亜光速エンジンは燃料を圧縮する回転翼タービンを持ち、それで燃料を圧縮する。 しかし、TIEシリーズに搭載されているツイン・イオン・エンジンは太陽光線をイオン化し、光エネルギーを集め、リアクターを通して高圧縮放射ガスを排出する。このエンジンには可動部分が無いため、整備性に優れていた。 ほとんどの亜光速エンジンは軽い帯電物を放出するので、施設や人員が損傷を受けないように、充分離れていることを確認してから作動する事が必要である。

関連項目

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki