FANDOM


ヴェルカー自由商業地帯[1](Velcar Free Commerce Zone)、FCZは、アウター・リム・テリトリーに存在した企業の自治領域。ヴェルカー宙域に存在した。通商局長によって監督される組合国家で、多くのビジネス利権を代表していた。自由商業地帯の惑星には多くの原始的種族が住んでおり、彼らは基本的に契約労働者として通商コミッショナーたちに隷属していた。銀河帝国の時代、グレゴア・ラクオランが通商局長を務めていた。この頃、オーバーセクター・アウターの中に包括されていた自由商業地帯は、グランドモフウィルハフ・ターキンやその後継者、アーダス・ケインの影響下にあった。

4 ABY、ケインはヴェルカー自由商業地帯のリーダーたちや、政治、軍事、ビジネス分野のリーダーたちを招き、一連の会談を開いた。会談の終わりに、彼らは条約に署名し、新政府ペンタスター連合が誕生する。自由商業地帯もこの政府に吸収された。連合が崩壊し、組織がインペリアル・レムナントへと接収された後、おそらく自由商業地帯が立て直されることはなく、新共和国によって支配されるようになったと思われる。

領域

登場作品

  • SWAJsmall "It's a Gambler's Life"―Star Wars Adventure Journal 4 (言及のみ)

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki