FANDOM


ヴェリル・ライン・システムズ社[1](Veril Line Systems)は銀河のいたるところで存在するパワー・ドロイドで有名なドロイド企業。EVS建設ドロイドでも有名。

そして、コルサントボナダンエリアドゥのような都市惑星では、こうしたドロイドがビルを呑み込み、素材として加工し、まったく新品の複合建物を吐き出すようにつくり出している。また、現在では時代遅れの機種になってはいるか、新共和国がコルサントを攻略したさいに重要な役割を果たしたため、人気が復活したのだった。しかし、最近まで、同社の本拠地はコルサントにあったため、ユージャン・ヴォングがコルサントを侵略したときに、この企業の主要な人材のほとんどが行方不明になるか、死亡してしまった。さらに、その後も銀河の情勢が不安定なせいで、ヴェリル・ライン・シスデムズ社の長期的な展望は定まらないままだった。

制作の舞台裏

『スター・ウォーズ エピソード1 ザ・ビジュアル・ディクショナリー完全版』ではヴァリル・ライン・システムズ社とされている。

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『週刊スター・ウォーズ ファクトファイル』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki