FANDOM


ヴェイングローリアス級クルーザー(Vainglorious-class cruiser)は銀河内戦以前にレンディリ・スタードライブ社が製造した軍艦

歴史

スターク・ハイパースペース紛争において、スターク・コマーシャル・コンバインはヴェイングローリアス級クルーザーを使用した。

銀河帝国の時代、ヴェイングローリアス級クルーザーは時代遅れの宇宙船だと思われていた。ヴェイングローリアス級艦で使われていたオートシェフは、スターライト級軽貨物船において、機能を持たないインテリアの一部として再使用された。

登場作品

  • Star Wars: Republic 37: The Stark Hyperspace War, Part 2 (初登場) (後付設定)
レンディリ社スターシップの級種
輸送船
ドワーフ・スター級貨物船 · 領域確保用コンテナ船
カータン級ボーディング・シャトル · キルティリン級ダンジョン・シップ
リクター級ダンジョン・シップ · スターライト級軽貨物船
宇宙ステーション
ベイヴォスI強化型軍事宇宙プラットフォーム
ベイヴォスII強化型軍事宇宙プラットフォーム
デリライン宇宙防衛プラットフォーム
ファイアスター級軌道防衛ステーション
宇宙ドック · タイプI軽量型宇宙防衛プラットフォーム
スターファイター
LT-9000インターセプター
パトロール船
帝国税関フリゲート
コルベット
軽コルベット
クルーザー
アサルト・フリゲート・マークII · ドレッドノート級重クルーザー
インヴィンシブル級ドレッドノート重クルーザー
ニュートロン・スター級バルク・クルーザー
ヴェイングローリアス級クルーザー
スター・デストロイヤー
リパブリック級スター・デストロイヤー
ヴィクトリーI級スター・デストロイヤー
ヴィクトリーII級スター・デストロイヤー
[edit]

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki