FANDOM


ヴィリム・ディズラ[1](Vilim Disra)は19 BBYブラクサント宙域を代表したインペリアル・レムナントグランドモフ。ディズラはインペリアル・ガーズマングロディン・ティアス少佐、そして詐欺師のフリムと組み、新共和国を揺さぶる計画を実行した。彼らはカーマス・ドキュメントに揺れるボサウイの現状を利用し、亡きスローン大提督に化けたフリムを使って帝国の支持を集めた。だが、彼らの企みは新共和国との和平を望んだギラッド・ペレオンによって阻止されている。また、ヴィズラはトライオキュラスグランドモフ中央委員会のメンバーでもあった。

経歴

カーマス・ドキュメント危機

失われた銀河帝国の栄華を取り戻す決心をしたヴィリム・ディズラは、ふたりの男と組んだ。ひとりはかつて銀河皇帝パルパティーンロイヤル・ガードも務めていたグロディン・ティアス少佐。もうひとりは帝国の天才戦略家スローンにそっくりな詐欺師、フリムである。ディズラはこのフリムの肌を青く塗り、目に赤く光るコンタクトを着け、亡きスローンと瓜二つにした。ディズラはたとえ偽者でも、スローンならば帝国の勢いを取り戻せると考えたのだ。

一方、ギラッド・ペレオン新共和国との和平交渉を求めていた。ディズラはペレオンが新共和国へ送った特使を惑星モリシムで捕らえ、隠した。その頃銀河はカーマス・ドキュメントを巡って揺れていた。カーマスの虐殺にボサンが関わったという証拠がその文書には記されているはずなのだが、肝心の文書は見つかっていなかった。ディズラは偽スローンに芝居を打たせ、帝国支持惑星を増やす。スローンの復活は混乱する新共和国をさらに混乱させた。ディズラはティアスの態度にしばしば悩まされたものの、彼らの計画は順調に進んでいた。

カーマス・ドキュメントを求める新共和国のガーム・ベル・イブリスは、帝国の情報基地ヤガ・マイナーに、帝国鑑に見せかけた<エラント・ヴェンチャー>で乗り込む。ヤガ・マイナーに居合わせたディズラたちは、トラクター・ビームで<ヴェンチャー>を捕らえ、フリムは彼らに無条件降伏を要求する。だが、彼らの計画は個々で思いがけなく頓挫した。ディズラの企みを見抜いたペレオンがヤガ・マイナーに駆けつけたのだ。彼はスローンが偽者であること、そしてヴィズラも知らなかったことだが、ティアスがクローンであることを暴いた。抵抗したティアスは殺され、ディズラとフリムは反逆罪で帝国側に拘束された。彼らの企みはあっけなく終わり、帝国は新共和国との和平に向けて進んでいった。

登場作品

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『忠誠』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki