FANDOM


ヴィスタル・パーン[1](Vistal Purn)はモルポル巡業サーカスソク・ブロクのペット・ショーなどで働いていた男性。<ミレニアム・ファルコン>のパイロットだったことがある。

経歴

生い立ち

ヴィスタル・パーンは惑星ジェナリスで育った。パーンの両親はアトリヴィス川の流れの速い支流沿いにある牧場で、野生動物の公園を経営していた。彼の両親の公園はいちばん近くの村からあるいて4日もかかるところにあり、多くのゲストは追加料金を払ってエアスピーダーの送迎を望んでいた。スピーダーなら一標準時間弱で村から公園に着いたのである。パーンは12歳の頃、ゲストの送迎や定期的なメンテナンス、修理、スピーダーの整備を仕事にしていた。それ以外にも、ときどきにはスピーダー以外の仕事もこなしていた。彼は快適な暮らしを送っていたが、少々退屈でもあり、いつかたくさんの星を見たいとも願っていた。 [2]

パーン家の公園を訪れるのは、怖い目や危険な目にあうことなく未開の自然を体験しようとするひとびとだった。子供づれのゲストも増えていき、ヴィスタル・パーンは両親が釣りや狩り、ハイキングや急流渡りを楽しんでいる間はその子供たちの面倒を見なければならなかった。パーンは陽気の性格の持ち主であり、子供たちを相手にするのを不快に思っていなかった。彼は自分を笑いのネタにしては、ピエロを演じたりもしていた。パーンは子供たちの両親から、アウター・リムミッド・リムにある惑星の話を聞くようになった。彼のジェナリスを出たいという願望は募っていく。ジェナリスは辺境だったが、パーンの両親はゲストから銀河系の出来事を教わっていた。そのためパーンは帝国アカデミーに入れば、宇宙船パイロットの免許を取れることを知っていた。だが、アカデミーに入学すると帝国軍で兵役期間を過ごさねばならず、TIEファイターの操縦にも興味がなかったパーンは、この選択肢を放棄する。パーンは海運会社や貿易会社の見習いになり、操縦技術を覚え、フリーランスのパイロットになる道を選ぶ。彼はやがてモルポル巡業サーカスのパイロットになり、サーカス所有の軽貨物船を操縦するようになった。[2]

サーカスと貨物船

モルポル・サーカスで、パーンは当初C-9979着陸船を運転していた。YTシリーズの軽貨物船<ミレニアム・ファルコン>は彼がサーカスで働き始めたときには、既にモルポルで活動していた。パーンはサーカスでサリ・ダンザーという空中曲芸師に惹かれるようになる。ダンザーとの間にある距離を縮めるため、パーンはピエロのチームに加わることにした。サーカスはありとあらゆるものを風刺し、辺境の惑星では特に大きな人気を上げていた。パーンはやがて<ファルコン>を操縦することになり、アノート宙域のふたつの惑星での興行のさい、彼はダンザーを<ファルコン>のキャビンに誘う。彼女のためにパーンは<ファルコン>中を掃除し、音楽や内装、シャワーも調節、サーカスのオーナーだったダックス・ドゥーガンを説き伏せて船内にデジャリックホロゲームまで取り付けた。だが、ようやく彼らが<ファルコン>で過ごし始めたときに、サーカスを海賊ブラック・ホール・ギャングが襲撃した。彼らは海賊の命令でレゴシュに降りた。サーカスの動物たちも地上に降ろされるが、これらはレゴシュの捕食動物によって食われ始めてしまう。サーカスは<ファルコン>に動物を乗せ、デルフォンへ運ぶことにした。リンのメンバーと協力し、彼は小動物の移動を終わらせる。大きい動物はレゴシュに住み着いた。[2]

この海賊騒ぎによって、ドゥーガンはサーカスの名前さえも全て売り出すことになってしまった。ドゥーガンが<ファルコン>を手放すことにしたとき、パーンは宇宙船を買い取りたかったが、クレジットにゆとりがなかった。ドゥーガンのマネージャーだった彼は、シックス・トラヴィーと<ファルコン>譲渡の契約を交わすことになる。だが、パーンはダンザーと結ばれ、結婚した。その後、一度はパイロットに戻ったパーンだが、動物が好きになっていた彼はいくつかのサーカスで演技主任の経歴を経て、やがてペット・ショーの審判員に落ち着いた。[2]

43 BBY、ペット・ショーの審判をしていた彼のもとを、ハン・ソロレイア・オーガナ・ソロ、彼らの孫アメリアC-3POが訪れた。ソロはこの時点での<ファルコン>の所有者であり、一家でこの宇宙船の経歴を辿っていたのである。パーンは自分の経歴、宇宙船が恋人と自分を結んでくれたことを彼らに語ったのだった。[2]

登場作品

脚注

他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki