FANDOM


VuaRapuung
ヴア・ラプーング
人物の情報
出身地

コロス=ストローナ[1]

死亡

26 ABYヤヴィン4[1]

身体の情報
種族

ユージャン・ヴォング[1]

性別

男性[1]

髪の色

[1]

目の色

[1]

年代と政治的な情報
時代

ニュー・ジェダイ・オーダー時代[1]

所属
ドメイン

ドメイン・ラプーング[1]

「おまえが過去にどれほどの者だったにせよ、呪われたのではないにせよ、いまは明らかに狂っているぞ。不敬者の味方をして、仲間と戦うとは」
「わたしは復讐を求めているのだ」
―タロク・ナープとヴア・ラプーング[出典]

ヴア・ラプーング[2]Vua Rapuung)は26 ABYの出来事により、種族の中で最も低い地位で労働者階級、シェイムド・ワンの間で伝説的な存在になったユージャン・ヴォングの男性。ラプーングはもともと戦士階級に属し、技術と勇気を持つ司令官としてよく知られていた。だが、シェイパーメジャン・クワードと宗教的に許されない恋に落ち、その関係が終わったときに、ラプーングは地位も身分もすべて失うことになってしまう。彼の失脚はクワードの策略だった。自分が異端者であることを恐れたクワードは、シェイパーの技術を使ってラプーングの戦士の移植の儀式に細工を加えた。そして移植に失敗したラプーングは、シェイムド・ワンに落とされる羽目になったのである。この最下層の身分では、マスター・シェイパーであるクワードが罪を犯したというラプーングの主張は聞き入れられなかった。彼はユージャン・ヴォング戦争の2年目、クワードも同じく配置されていた銀河系衛星ヤヴィン4へと送り込まれ、働かされる。こうした不名誉な現実に直面しながらも、もと司令官は確固として自分の思い、異端者であるマスター・シェイパー、メジャン・クワードへ対する復讐心を捨てようとはしなかった。

クワード失脚という目標を遂げるため、ラプーングはユン=ユージャンの意思と信じ、本来なら敵であるべき若きジェダイアナキン・ソロと仲間になった。ソロはクワードに捕らえられたジェダイの友人、タヒーリ・ヴェイラを助けようとしていた。ジェダイとともに戦い、ラプーングは最終的にクワードの化けの皮を剥ぐことができ、そして彼の地位と名誉を回復することが出来た。だが、ユージャン・ヴォングの戦士たちはソロを敵と見なした。ソロに対して戦士の敬意を抱くようになっていたラプーングは、命を呈してソロとヴェイラのヤヴィン4脱出に力を貸す。この独特な出来事は、戦士の死者たちを目撃したシェイムド・ワンにおおきな影響を与え、ヴア・ラプーングはシェイムド・ワンに伝わるジーダイ信仰の中で語り継がれる存在となった。この異端信仰は惑星コルサントにおける2度目の戦いにおいて、ユージャン・ヴォング帝国の崩壊に繋がるものとなった。

経歴

Editicon このセクションは不完全です。記事の編集が求められます。

登場作品

参考資料

脚注

  1. 1.00 1.01 1.02 1.03 1.04 1.05 1.06 1.07 1.08 1.09 1.10 出典:征服
  2. カタカナ表記は『スター・ウォーズ 全史』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。