FANDOM


この記事はミッド・リムの惑星を扱っています。 あなたが探しているのは他のヴァールかもしれません。

ヴァール[1](Varl)はハットトランダ・ティルが起源を持つ故郷であり、ライベットの出身地である可能性もある惑星。ハットの伝説によるとこの惑星は、大気を蒸発させ恒星系内の惑星や衛星をすべて消し去ってしまった大災害によって、荒廃したとされている。

歴史

初期の歴史

惑星ヴァールはラカタたちの征服地のひとつであり、ハットたちが台頭するよりも前の時代に、無限帝国の一部だった。

大災害

HuttNEGAS

ハット

ハットたちの伝説によれば、惑星ヴァールはふたつの太陽、イヴォーナアードスの周囲の軌道を周回していた。イヴォーナとアードスは神としてハットたちの敬意を集めていた。しかし15,000 BBY、イヴォーナはブラックホールによって消滅してしまい、激化したアードスはそのガスの外部の層を放出し、星系内のほかの惑星を破壊してしまったのである。

太陽から放たれたガスによって大気は蒸発し、惑星の生態系は全滅し、不毛の土地だけしか残らなかったが、どうにばヴァールは災害を切り抜けた。ハットたちは大災害が惑星を襲う前にヴァールから逃れており、その後すぐに惑星イヴォーカーへとコロニーを形成した。彼らはこの惑星をナル・ハッタと改名する。彼らは大災害を乗り切ったことにより、自分たちが“二ア=ゴッド”、神に近いくらいに上り詰めたと信じていた。ハットが惑星を去って行った後も、彼らにつかえた使用人の子孫たちがヴァールに住み着いた。しかし惑星にはエアドーム内に立てられた数少ない不潔な製造センターがあっただけだった。

誇張と憶測

一般的に、この伝説はハットたちによる誇張された話として切り捨てられてきていた。そして、この伝説に代わりもっとも一般的に受け入れられていた話では、古代の時代にハットが自分たちの住む惑星を内戦で破壊してしまったことになっていた。面白いことに、惑星ヴァールのクレーターに覆われた不毛地帯がかつては好ましい緑の世界だったこと、そして、小惑星以外にいかなる惑星も白色矮星アードスの軌道を周回していなかったことを示す徴候が発見されている。バオバブ・アーカイブの研究員たちが“ヴァールの月”のハットの遺物を発見したと主張しているように、おそらく、小惑星はヴァールの衛星の名残だと思われる。

その後の歴史

惑星ヴァールはハットの伝統の中に聖地として残り、彼らは他の船舶が惑星に近づくことを禁じて、惑星の周囲にパトロール船を駐留させていた。

ハットたちはユージャン・ヴォング侵略の後に関する、惑星の動向を議論することを拒否している。

登場作品

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ・ユニバース』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。