FANDOM


この記事はアウター・リムの惑星を扱っています。 あなたが探しているのは他のヴァールかもしれません。

ヴァール[1](Vaal)は温暖で草が茂ったサバンナの惑星。獰猛ないくつかの捕食動物の故郷であり、レイブン曹長が指揮を執っていた銀河帝国の辺境前哨基地V-798が存在した。V-798はヤヴィン星系から最も近くにある帝国の前哨基地であることで知られていた。ヴァールの軌道はいくつかの危険な小惑星帯と交わっていた。

ヤヴィンの戦い初代デス・スターが破壊された後、自身のTIEアドバンストx1が制御不能になったダース・ヴェイダーは、フォースのダークサイドの力を引き寄せながら、近隣にあった惑星ヴァールへとたどり着いて胴体着陸を行った。V-798基地への移動の途中、獰猛なハイナックスが一団がヴェイダーを攻撃する。彼はそれらのリーダーを含む数匹を殺し、その過程で彼らの尊敬を勝ち得、一団のリーダーとなった。その後、このシスの暗黒卿は別のクリーチャーからこの一団を救う。最終的に、ダース・ヴェイダーは惑星コルサントへ向かうためのシャトルへと到着し、前哨基地に3人のストームトルーパーを置き去りにして去っていった。彼らはその怠慢な振る舞いによってヴェイダーの怒りを買い、ハイナックスによって殺されることになったのである。

登場作品

  • Star Wars: Empire 14: The Savage Heart (初登場)

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ 全史』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki