FANDOM


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 

ヴァーク[1](Vurk)は惑星センブラを支配していた知覚種族である。彼らは膨らんだ暗色の目と大きなとさかを持つ、背の高い爬虫類型ヒューマノイド種族だった。ヴァークは手足にそれぞれ3本の指を持ち、そのうち1本は親指と向い合せにできた。彼らは特徴的なグレイから緑までのを持つ、革のような皮膚をしていた。

生態と特徴

Trench warrior TCWCG

クローン大戦で戦うヴァークの兵士

ヴァークは中でも空中でも呼吸することが可能であり、惑星センブラの温暖で火山島が点在する浅い海を移動するのに適応していた。彼らは水陸両生の祖先から、強い遊牧民的な本能を引き継いでいた。若いヴァークの結婚式は彼らの両親によって執り行われ、成人期に達する前に結婚することが出来なかったものは、残りの生涯を独身のままで終えることになっていた。ヴァークはひとつの居住地に留まることはほとんどなかったため、通常銀河系の人々はヴァークが原始的な種族だと考えていたが、それは間違いだった。彼らは非常に知的であり、高度に発達した哲学の伝統を重んじており、個人の知性や自由を大切にし、個人の誠実さを促すという考えの持ち主だった。同情的で穏やかな物腰のヴァークは、良き外交官として社会に仕えることが出来た。


ヴァークは自分の命を省みない種族だと勘違いされることもあったが、彼らは身を守ることも個人の誠実さの一環として考えており、ときには攻撃的な戦士になることもあった。

歴史

もっとも有名なヴァークのひとりに、ジェダイ最高評議会で評議員を務めたジェダイ・マスターコールマン・トレバーが挙げられる。彼はジオノーシスの戦いに参加したが、賞金稼ぎジャンゴ・フェットによって射殺されてしまった。また、センブラを代表したスウェイト・コンコーキル元老院議員は、クローン大戦中に最高議長パルパティーンに同行し、ギャラクシーズ・オペラ・ハウススクイッド・レイクを鑑賞していた。

登場作品

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ キャラクター事典』による。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki