FANDOM


ヴァヴリアン(Vuvrian)は不規則に並ぶ多眼が特徴的なヒューマノイド知覚種族。頭部が大きく、肌は灰色だった。

歴史

帝国時代惑星タトゥイーンモス・アイズリー宇宙港にヴァヴリアンの商人が住んでいた。ヤヴィンの戦いの直前、オルデランへ向かうための路銀を必要としていた水分農夫ルーク・スカイウォーカーは、自身のX-34ランドスピーダーをヴァヴリアンの商人に売却した。ヴァヴリアンが買い取り額をあまりに安く値切ったため、スカイウォーカーはオビ=ワン・ケノービに不満を漏らした。

制作の舞台裏

ヴァヴリアンは1977年の映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』に登場するエイリアン種族である。スター・ウォーズ レジェンズ設定では、スカイウォーカーからランドスピーダーを買い上げるヴァヴリアンのキャラクターにワイオスリーという名前がつけられている。

登場作品

他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。